2013年 02月 09日

Super CP 覚え書き

送信機設定
デフォルトの Super CP 設定をコピーし何方かが言っているエレベーターとエルロンのデュアルレートを60%、エクスポネンシャルを+30%を採用。
機体調整
そしてやはり誰かが言っていたサーボからスワシュプレートへのコントロールロッドを22mmに統一しサブトリムでスワッシュの水平を出す、スワッシュプレートからブレードホルダーへのロッド長も統一。

これで管理人の機体はかなりホバリングしやすくなった、この後飛行させてトリムを取るがやけに左へ行きたがるので右トリム70%位アップトリム20%位で数秒なら手放し出来る位と成った。
追記>バッテリーの位置で重心を調節、ローターヘッドを持って機体を水平に寝かすと簡単。
因みに管理人は座って飛ばすのでホバリング高度は 20~30Cm 位テレビ壊したくないので。^o^;;
(管理人のフライングフィールドは L.H.City AZ 86403 )
e0109011_17334942.jpg

1バッテリー飛ばすとモーターが触れられない位熱く(2~3分飛ばすと50度超え)なるのでキャノピーをトリミング。
スッティックヘッドはクイック製、指へのあたりが柔らかく滑りづらいので気に入っている(ロックナットはプラ製のスタッド)。
[PR]

by kanamonoya01 | 2013-02-09 20:20 | 製作/レポート 等


<< indoor airplane...      R/C Web Shop Kb... >>