R/C 小型電動飛行機 News

mercnews.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 20日

Companion9x と OPEN TX/9XR アップデート

9XR の OPEN TX へのアップデートをざっくりと。
おそらく間違いや勘違いが沢山有りと思いますが大きな心で見てやって下さい。-o-

Companion9x 起動
Priferences クリック、各種設定を行いDownload をクリック(設定が反映されたファームがダウンロードされる)以下は管理人の設定だがかなり適当で最重要課題は起動画面の変更。^o^;;
e0109011_11424662.jpg
ダウンロード先を指定しダウンロード(要ファイルネーム)、ダウンロード後に送信機をアップデートするか聞いてくる。
e0109011_11442831.jpg
OKをクリックするとさらにダイアログがが出てスプラッシュイメージを更新するか聞いてくるのでチェックをいれる。
e0109011_09110197.jpg
9XR に USBASP を繋ぎマックと接続、Burn to TX で送信機のディスプレーが消え書込が始まり、書き込みしベリファイを行いOKとなる。
e0109011_09151913.jpg
書込後送信機が再起動しピーピーとアラートが鳴るので送信機の指示に従いフラシュメモリーの初期化とスッティックのキャリブレーションを行う。

次は送信機の設定とテンプレートの送信機へのアップロード。
送信機の設定(General Settings)を行う、以下は管理人のまたしても適当設定。
e0109011_09390805.jpg
各機体の設定は良く分からないので取りあえずテンプレート集からダウンロードし参考とする。
テンプレイトをダウンロードし Companion9x の左から2番目のフォルダーアイコンをクリックしダウンロードしたテンプレートを開く、右側に新しいウインドが開くので必要なテンプレートをドラッグコピーする。
e0109011_09432602.jpg
USBASP を繋ぎ右から9番目のICが燃えている奴をクリック、はいはいとやって焼き込み。
e0109011_09471467.jpg
取りあえず基本的なところはこんな処かな。
e0109011_10101492.jpg
9XR のバッテリーに関して注意事項。
USBASP を接続するとUSBポートからの5Vにて送信機が動作します、送信機のSWを操作する必要は有りません、間違えて送信機のSWを入れると多分不幸な事になりますので送信機のバッテリーは外しておいた方が良いと思います、また5Vで動作していますのでバッテリアラートが出ますが気にせずボタンを押してスキップして下さい。
バッテリーアラート嫌な人はUSBASPからの5Vを切り(ジャンパーで可能な物が有る様)送信機のバッテリーにて行う事も可能なようです(管理人は検証しておりません)。

Ps.
暗中模索中なので質問頂いても残念ながらお答え出来ません(答えようが無いのです ^o^;;)、悪しからず。

[PR]

by kanamonoya01 | 2014-04-20 10:15 | 製作/レポート 等 | Comments(0)


<< OpenTX を導入した 9X...      フタバタイプ モジュールを J... >>