2014年 05月 16日

indoor airplane world e-shop さんに

Bluetooth対応受信機ほか各種再入荷。¥^o^

Li-Poバッテリ 20mAh JSTコネクタつき(1,008円(内税)
定格電圧:3.7V
容量:20mAh
重量:1g (1.5mmピッチJSTコネクタ・ケーブルつき)
寸法:12.5mmx20mm(電極を除く)x3mm
推奨充電電流:20mA
適合コネクタ:1.5mm ピッチJSTベース付きピン 2 ピン
最大20C/400mA(バースト40C/800mA)放電
e0109011_20204666.jpg
マイクロ・デジタル・サーボ (JSTコネクタ) HK20JST(915円(内税)
重量 2.09g(1.5mmピッチJSTコネクタケーブル約105mmつき)
スピード:0.07sec(2.8V)/0.05sec(4.2V)
トルク:0.05kg(2.8V)/0.075kg(4.2V)
使用電圧 2.8V-4.5V(リチウムポリマ電池1セル用)
e0109011_18500374.jpg
超軽量2チャンネル赤外線受信機 IRX262(3,240円(内税)
メーカー Indoor Airplane World
量産基板としては基板サイズを極限まで小さくして軽量化しました
基板サイズ 7.5mmx9mm
重量 0.16g
電源電圧 3-4.2V(リチウムポリマ電池1セル)
一組のスピード・コントローラ(連続最大電流1A)と一組のアクチュエータ・ドライバを内蔵
アクチュエータは100Ωから使用可能
基板には受光素子とバッテリモニタが搭載されています
量産受信機の中で最軽量で、超軽量インドア飛行体に最適です
Futabaモード
38KHz受信機
e0109011_2055966.jpg
電源の極性表示がこの基板にはないので、電池の接続にはくれぐれも気をつけてください、とも有り。
e0109011_1793330.jpg
Bluetooth対応2チャンネル受信機基板完成 BTRX(3,240円(内税)
サイズ:10mmx11mmx3mm
重量:0.28g
電源:リチウムポリマ電池1セル専用
チャンネル数:2(スロットルとラダー)
分解能:スロットル40ステップ、ラダー左右各40ステップ
バッテリモニタ:内蔵(電源電圧が3Vまで低下すると青色LEDが点灯
スロットル出力:連続1A(短時間4A)
アクチュエータ出力:推奨100Ω以上
e0109011_10392814.jpg
Bluetooth USBアダプタと配線
e0109011_10395730.jpg
Bluetooth対応3チャンネル受信機基板完成 BT3HS(4,093円(内税)
サイズ:W13.3mmxD11,2mmxH2.5mm
重量:0.37g
電源電圧:リチウムポリマ電池1セル専用(3.7V)
ラダー出力;連続1A(最大1.8A)
スロットル出力:連続1A(最大4A)
エレベータ出力:サーボ仕様

ラダー出力にHブリッジICを使っているのでラダーにモータが使えます
マグネットアクチュエータを使った場合は高トルクが得られます
動作方向の変更はラダー端子の配線を入れ替えます(送信機側でも設定可能)

スロットルの回転方向変更する場合は、スロットル端子の配線を入れ替えてください

エレベータにサーボの動作方向を変更する場合は信機側で設定します、
e0109011_1571057.jpg
配線(Bluetooth USBアダプタからの配線は4本のみです)
e0109011_159117.jpg
電源電圧が3Vに低下するとバッテリモニタLEDが青色に点灯します
e0109011_1594085.jpg
Bluetooth対応4チャンネル受信機(JSTコネクタ仕様) BTRX4JST(4,505円(内税)
サイズ:14.8mmx22.8mmx10mm
重量:2.95g
電源電圧:リチウム電池1セル(3.7V)~5V
チャンネル数:4チャンネル
コネクタ:JST1.5㎜ピッチZHコネクタ
エルロンチャンネル:サーボ出力(分解能80ステップ)
エレベータチャンネル:サーボ出力(分解能80ステップ)
ラダーチャンネル:サーボ出力(分解能80ステップ)
スロットルチャンネル:サーボ出力(分解能80ステップ)
バッテリモニタ:内蔵(電源電圧が3Vまで低下すると青色LEDが点灯)

※スロットルの分解能が80ステップにアップされています
アプリケーションの設定で「スロットル高分解能」にチェックを入れてください、と有り。
e0109011_21543166.jpg
船・車用バック付きツインBluetooth受信機 BTTWIN(4,669円(内税)

Bluetooth受信機として使うためには、市販のBluetooth USBアダプタをUSBソケットにセットする必要があります

こちらのBluetooth受信機を動作させるには。「BT-IndoorControl」アプリ(無料)をダウンロードして、AndroidスマートフォンかAndroidタブレットにインストールしてください

ほとんどのAndroid端末にインストールすることができますが、実際に走行・航行させる場合はBlietootth3.0以上のスマートフォンを使ってください
それ以下のバージョンではバインドが途中で切れてコントロールできなくなることがあります

サイズ:W17.7mmxD14.5mmxH9.6mm
重量:2.44g
電源電圧:リチウムポリマ電池1セル(3.7V)~5V
出力:連続1A(最大1.8A)x2
分解能:前後各40ステップ
バッテリモニタ:内蔵(電源電圧が3Vまで低下すると青色LEDが点灯

モータの回転方向を変更する場合は、モータの配線を入れ替えてください、と有り。
e0109011_09342491.jpg
キャタピラ車への搭載例(試作時の受信機を搭載しています)
e0109011_09324654.jpg
ACTモータドライバ基板 ACTMOTORDRV(1,296円(内税)
受信機のアクチュエータ出力につないでモータがドライブできます
またマグネットアクチュエータをつなぐと強力なトルクが得られます
マグネットアクチュエータは10Ω以上を推奨

サイズ:8mmx7mmx1.4mm
重量:0.097g
電源電圧:1.8V-6.3V
出力電流:連続1A(バースト最大1.8A)

過電流保護回路内蔵
出力ショート保護回路内蔵
温度上昇保護回路内蔵
e0109011_17464686.jpg
e0109011_16432560.jpg


[PR]

by kanamonoya01 | 2014-05-16 21:32 | R/C 小型電動飛行機 News


<< ロビンさんに      R/C Web Shop Kb... >>