2014年 05月 17日

Turnigy 9XR の eePe(er9X)ファームアップデート。v^o^

eePe EPROM エディターをリンク先より入手(管理人は Mac 版)展開しアプリケーションフォルダーにコピー。
USBASP 用のドライバーを同じくリンク先より入手し展開インストール、詳細はこちらを参考に。
eePe を立ち上げ青いギヤアイコンで USBASP ドライバーを設定。
e0109011_13243862.jpg
次にファームウエアのダウンロード、eepe メニューから Preferences を選択し設定を行い Dounload をクリック適当な名前を入れ保存(管理人は日付としている)。
e0109011_13271662.jpg
次にダウンロードしたファームのスプラッシュスクリーンをアップデートする、これが今一つ解りづらい。
アイコン右から二番目をクリックし Load Imag で作成したイメージを読み込む。
スプラッシュスクリーンは 128×64 ピクセルでモノクロ2値の画像を用意する、jpg・png・bmp で良いみたい。
e0109011_13332814.jpg
次に Save to Hex をクリックし埋め込みたいファームのディレクトリに移動、埋め込みたいファームのファイル名を入れ保存すると書き込まれたファームが保存される(オリジナルに書き込みます)。
ここは先ず書き込みたいファームはどれかと聞き、その後どこに保存するか聞いてくるのがスジだろと管理人は思うのです。(`ヘ´)
*マックではファイル名をクリックすると自動的に保存欄に同名がに書き込まれます。
e0109011_13490128.jpg
あとは USBASP で9XR と Mac を接続し(9XRの電源を入れる必要は有りません USBASP からの 5vで動作します)火が付いている送信機アイコンをクリックすると er9X ファームウエアが 9XR に書き込まれます、書き込んだ後 9XR にアラートが出ますので EEPEROM を初期化しスッティックのキャリブレーションを行うと使用できるようになります。
基本はこんなところです。

以下前回の続き。
管理人がはまった罠は JR ローパワーモジュールで BLADE mSR を飛行させようとしたのですがスッティックアサインが全く違いエルロンで mSR エレベーターがラダーで mSR スロットルがと言う様な状況で全く飛行出来ません、受信機が別のモデルであればサーボ等を刺し直せば問題ないのですが一体型なのでそうはいきません。
ここで送信機本体設定で変更出来ると思いきや TAER にしようが RETA にしようがアサインが全く変わらず頭を抱えてしまいました。
 暫く頭を冷やしてから設定サンプルでダウンロードした MCPx の設定を読み込んでみるとアサインが問題なく設定されています。
そこで中を覗いてみて解りました機体設定の Mixes で各チャンネルにスティックの割り当てを行っています、デフォルトで下記の様に設定されおりこれでは飛ばせません。
e0109011_15594139.jpg
そこでこの様に変更し無事 JR/Spektrum アサインとなり mSR の飛行に成功。^o^
注意) JR/Spektrum は PPM Frem Length が 22.5mSec ppm Dealy が 300μSec 400μSec に設定する必要が有ります。
e0109011_16003180.jpg
ここで設定を行わないと出力されない様です、上記の設定だと 5Ch 以降が出力されていません。

Ps.
以前悩んでいた 9XR 起動時に出るタイマーアラートの件は解決しました。
送信機設定で Alam Warming のチェックを外すと出無くなりましたがなにか釈然としません。^o^;;

Ps.2
MegaSound 9X のインストール記事を一部修正と補足追加しました。
Ps.3
5/19 こっそり一部訂正しました。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2014-05-17 21:26 | R/C 小型電動飛行機 News | Comments(0)


<< あの江崎模型さんで Plant...      こんな物を作って見る気はありま... >>