R/C 小型電動飛行機 News

mercnews.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 07日

Deviation (DEVO8S + NRF24L01)化成功。¥^o^

暫く前から Hisky V977 を Deviation 化した DEVO 8S 送信機で飛ばそうと目論んでいた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注記) 過去にも度々 Deviation 化と書いているが説明を少々。
Walkera DEVO 送信機をオープンソースファームウエアの多機能プロポとしさらにに 2.4Gh のモジュールを多数搭載する事により各社の 2.4Gh プロトコル対応させようと目論んだ野心的なプロジェクト。
管理人は DEVO標準モジュールでも DSM2 に対応するため DEVO 7E 改造に手を出した。^o^;;
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

V977 の送信機は液晶画面が付いてイカにも色々設定出来そうだが実は何も出来ないという非常にイカな送信機なことが DEVO 8S の Deviation 化を試みた一番の理由なのであ〜る、興味本位とも言ふ。^o^;;

DEVO 送信機の Deviation 化でV977が飛ばせるらしいとは聞いていたのだがは具体的には?でした。
そこで「真坂の室内ヘリレビュー」さんで質問したところ「DEVO8Sのdeviation化とV977のバインド及びフライトまでの流れ!」という記事を投稿して頂きました、感謝。-o-

詳細は上記の記事を参照して戴くとして管理人が行った工作を防備録としてまとめておきますので挑戦される方はご参考に。v^o^

まず 2.4G の送信モジュールは NRF24L01 2.4GHz Antenna Wireless Transceiver Module (US$3.40)を使いましたが今は NRF24L01 2.4GHz Antenna Wireless Transceiver Module (US$1.70)に置き換えとなっています。
管理人はアンテナを増やすのは面倒だしかっこ悪いので直づけに変更しました。
e0109011_09595394.jpg
以下がモジュールのピンアサイン。 8ピンヘッダーはプラ部品を先に引っこ抜いてから外すと簡単。
e0109011_10005574.jpg
DEVO 8S の基板全景、付属の送信モジュールは取り外して有ります(上部中央)。赤丸が増設する送信モジュールを配線する箇所。
e0109011_10021948.jpg
ハンダ付けする場所のアップ、モジュールのピンアサインと違います(管理人はここで引っかかりました)^o^;;
e0109011_10045508.jpg
ここはシルクで記載して有りますので間違えようが有りません。
e0109011_10075692.jpg
モジュールを配線しました、配線はカラーコードに準じています(7番に白を使用)2番と3番は裏側でジャンパー。
e0109011_10090006.jpg
e0109011_10112437.jpg
配線完了時基板全景
e0109011_10121975.jpg
後は送信機のファームをDeviation 化して完了、詳細は「真坂の室内ヘリレビュー」さんの「deviation Firmware インストールガイド」を参照の事。
設定ファイルも沢山上がっています「真坂のDeviation ini」「真坂の室内ヘリレビュー」さんの基本は DEVO 7E ですがこちらに DEVO 8S への変更の方法(コメント内)が有ります、Deviation アドバイザーの John Smyth 氏に感謝。-o-

因みに Deviation 化にはマック上の VirtualBox で WIn XP を走らせて行いました、相変わらずドライバーの設定で悩みましたが,
Win はここが大嫌い。^o^;;
VirtualBox はお勧めですなんと言っても無料。¥^o^

V977/V931 共に飛行に成功しています、設定ファイルは(V977の修正ファイル )を使用。v^o^

注意 この改造を行うとお上から怒られますので、自己責任で実験程度にして下さい。

9/11 追記
初めて Deviation をインストールする時はファームを送信機にアップロード後送信機の電源を切り(USB は繋いだまま)再度 ENT キーを押しながら送信機の電源を入れるとフォーマットするか聞いてくるのでフォーマットする、エクスプローラでリムーバブルディスクとして認識するのでその中に Deviation のファイルシステムをコピーする(debug-devo8-vxxxx.zip と deviation-devo8-vxxxx.dfu は不用)。
アンマウントしUSB ケーブルを外して電源を入れると deviation が立ち上がる。

2017/01/24 追記
履歴を見ると結構この記事を参照されている方がおられるようですので追記させていただきます。
現状では3in1モジュールが入手できますのでこちらをお勧めします、記事にはしておりませんが管理人も変更しております。
またDEVO10で使用可能な4in1モジュールなんてのもあります。
詳細はリンク先にありますのでご参考に。
Ps.
なおこの件に関してのご質問等はお受けしません、悪しからず。

[PR]

by kanamonoya01 | 2014-09-07 19:51 | 製作/レポート 等 | Comments(0)


<< iPhon 6 いよいよ発表そ...      WLtoys V931 おすそ... >>