2016年 04月 07日

小型無人機等飛行禁止法が平成28年4月7日から施行されます。

この「小型無人機」とは重量に関係なく規制区域内では、たとえ自宅の庭であっても事前に届け出を行わなくてはならない(屋内は除く)、みたい。

都市部の公園で勝手にトイラジ飛ばしたら1年以下の懲役、または50万以下の罰金だって。
ちょっと言い過ぎました。-o- 規制区域内というのをよく調べる必要があります。

としちゃんからコメントいただいた様にその辺のオバさんたちは「規制区域内」なんて眼中に無く見かけたら即通報なんて事になりそうで怖いです。^o^;;


詳細は http://www.npa.go.jp/keibi/kogatamujinki/index.html へ。

Ps.
悪夢だね、業界は何をやっていたのか。

追伸
警察署に現物を持って行って届け出を出す必要が有る様です、届け出に行ったら即犯罪者扱いされるのが目に見えるよう。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-04-07 21:59 | R/C 小型電動飛行機 News | Comments(4)
Commented by mayoneko at 2016-04-07 23:29
この前行きつけの喫茶店にて池で遊んだラジコンボートの動画をパッドで見ていたら、いっしょに見た馴染みの店主から、池でならラジコンいいんですねえと言われ、わあ一般の人は飛ぶものとか関係なしにお外ではラジコン全て禁止くらいに思っているんだと言う驚愕の現実を突きつけられました。ラジコン好きにとっては恐ろしい世の中になってきたものです。
Commented by kanamonoya01 at 2016-04-08 21:02
としちゃん今晩は。
興味のない人にとっては「ラジコン全部」という認識なのでしょうか、どうか一部の方だけであります様に。-o-
Commented by aki at 2016-04-09 08:06 x
以前から「お気に入り」に登録して記事を拝見させていただいております。

昨日の記事を拝見させていただいた時点では、国の規制エリアの範囲記載に
絶望感に怒りさえも感じ、警察庁のホームページをチェックしたところ
「公安委員会」等と云う 背筋の寒くなるような文字もあり いつも「自己責任」で暮らしてる者にとって,
趣味の範囲を超えた危機感さえ感じましたが、今日の「訂正」でホッとしました。

 話は少しそれますが「関係各者」は何をしてたのか。。。。という意見には同感です。
ここ数年前から注目されている「ドローン」について、感じるのですが、
私の認識では中華製トイラジが、玩具としてのお手軽入門編として出回り、その延長で、中華製ドローンが
現在普及していると思います。 (ドイツなど本格的な高価なものもありましたが)
 日本製プロポメーカーが、世界中に普及しているのにそれをどう楽しむかと云うセンスがないと、
お上の 認証シールがなければ国内では使用禁止などという 規制の上にあぐらをいかいた怠慢さで、
自らの首を絞めてるような気がするのですが、どうでしょうか?このままでは、日本のプロポメーカーの
将来も 中華製に取って代わるということになるのでは、、、すでにその兆候もあるので、、、
 
昨日の記事を拝見して そんな事を感じました。


Commented by kanamonoya01 at 2016-04-10 16:47
aki さんこんにちは。
今の業界には音頭をとる方が居ないのでは無いでしょうか、
昔は園田さんを筆頭に沖さん松井さん等たくさんの方がおられました。^o^


<< 200g 以下のFPV機を作ろ...      SureHobbyへの注文品が... >>