カテゴリ:製作/レポート 等( 117 )


2016年 07月 07日

管理人お気に入りの送信機スタンド。^o^

今まで色々な送信機スタンドを使ったが使い勝手が悪かったりかえって邪魔だったりなど芳しいものがなかった。

Hobby King Radio Transmitter Stand (Silver)($11.07)
これシンプルで良い、しいて言えばロック機構は不要かな。^o^;;

光って見づらいが上部穴の空いている部分が分かれ送信機ハンドルを挟み込んで取り付け、
棒杭の上に空いている穴から左下のアルミパーツを落とし込んでイモネジで締め付け固定。
黒ネジ下にロックがあり下に下げると解除、展開時のみロックされる。
e0109011_15165466.jpg
送信機ハンドルが丸いのでイモネジはかなり強めに締める、それでも力を入れると回るのでアルミパーツを使用せず直接イモネジで止めた方が良いかも。

「使用例」右 FrSky TARANIS・左 フタバ FF9。DX 6i や DEVO 7e にも付けました。v^o^
e0109011_15224305.jpg
ご参考に。

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-07-07 20:11 | 製作/レポート 等
2016年 07月 03日

実はこんな物も買っていました。^o^;;

Hisky Buzz HFW400 BNF(US$39.99)
京商謹製X-S6送信機で飛ばせます、多分H-4QK送信機でも可能と思います?
お気に入りのマジックインキ彩色+シール。^o^
e0109011_08373173.jpg
こんなブリックが付いています、DSM2では動かず。
e0109011_08463653.jpg
翼止めのプラ材に癖があり無理やり入れようとすると欠けるのですがテレビを見ながら適当にやっているとパチっとはまります。
管理人は一箇所欠けたのでホットボンドでとめました。^o^;;
プロペラには以前紹介した室内機と全く同じそっくり返ったペラが付いています、これで問題なく飛ぶようです(気に入らないけど)。
バッテリーは沢山持っているHiskyマイクロヘリシリーズの180mAリポがそのまま使えます。


[PR]

by kanamonoya01 | 2016-07-03 12:34 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 06月 11日

Hobby King Galileo なんとか完成。

でもこのセンスの無さは・・・。^o^;;
e0109011_09523175.jpg
主翼は始め前縁だけ塗ったのだが比較的簡単だったので勢い余ってピッツ風に。
垂直水平と胴体はデザインを考えるのが面倒になったので行き当たりばったり。
e0109011_09552486.jpg
塗装はどこ家にもあるゼブラマッキーこれ色数が沢山あるので適当塗装にオススメ、バルサだと滲むけど。
こんな感じでペタペタと、マスキングテープはそのままだとバルサが剥げるのでカーペットなどに軽くつけてから使用する。
e0109011_10013399.jpg
完成重量は26.42gこれに130mAリポ3.94gが加わるので30.36g、かっ飛びになりそう。
以前としちゃんが「超小型機は30gを超えると破損率が高くなる」と言っていたのを思い出した。
e0109011_10025867.jpg
余談
ロビンさんで売られているS.E.5aがなぜブラシレスモーター仕様となっているいるのか分かる。

追記
カーテンに向かって動力飛行テスト、なんとか飛びそう。v^o^
タイヤはOリング、14.8x2.4。

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-06-11 20:23 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 05月 31日

恐ろしいことが起こった。^o^;;

サーボのコネクタをJST 1mmに変更するため圧着し、ちょと硬かったが無理やり押し込んで電源を入れたらコネクタから煙が。(O_O)
慌ててバッテリーを外したがバッテリがチンチンに熱い。
どうやら無理に押し込んだためコネクタ内部の壁が破けショートしたらしい。
e0109011_13430323.jpg
その後チェックしたところDSM2ブリックもサーボも動作したので一安心、信頼性は落ちたが。^o^;;
圧着ペンチはエンジニアのPA-09だが1mmが最小なので圧着には苦労する(成功確率2/3)、0.8mmとかが必要のようだが多分とんでもない値段(tokoさんの過去記事によると8万円9万円)がするらしい。
そこで1mmで圧着した後に圧着部分を小型万力でさらに締めることでなんとか解決、少しずつ締めながらコネクタに差し込みつつ様子を見る。
ピントが甘いがこんな感じ。
e0109011_14444900.jpg
追記
調べてみるとエンジニア 精密圧着ペンチ PAD-11で行けるみたい。
対応表の中にJST SSH-003T-P0.2-Hが有る。v^o^
e0109011_13012673.jpg
5千円台で購入できる。う〜買うか。^o^

余談
若い内は根性と努力に手先でなんとかなったが、目わかすむは手わ震えるはでこの先機械化しか道はない様。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-05-31 21:31 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 05月 28日

Hobby King Galileo の組み立て。

Galileoはプラモデルみたいパーツを切り離してパチパチと組み上げ瞬間で接着みたいな。

そんなに甘くはなかった。^o^;;
まずヒンジを接着、この時位置を合わせにピンセットで抑えつつ低粘度の瞬着を流し込んでビニール袋で押さえると上手く行く。
ブレンダームを使ったの方が良いかも。
リブを接着する前に主翼に適当な丸材で癖をつけておくと良い。
バルサが薄いので指で押さえながらやると裏側でも指がくっつくので注意、管理人はシリコンみたいな手袋を使用。
低粘度瞬間の乾きが遅いので促進剤を使ったら白くなってしまった。
中粘度の瞬間の方が良いみたい。
e0109011_14355058.jpg
胴体フレームを組み上げ側板を組もうと思ったら問題発生。赤丸のところが合わない垂直の部分は半分くらい入らず、水平の部分はバルサの厚み分位置がずれてる。
e0109011_14391232.jpg
入らない部分はカットしその端材は穴埋めに使用で他にも少々合わないところがあったが完成。
エルロンサーボはHK-282Aがぴったり収まる。ちなみにロビンさんのRB-S022 Mと同寸だが今回使用するDSMブリックパチだけど ^o^;;)とコネクタが合わない。
5/29 追記
嘘つきました、^o^;; HK-282Aもコネクタが合わなかった1.25mmピッチでした、1mmピッチに交換します。
マニュアルに指定のないA6はモーターマウント下の補強でB2の支えにもなる。
e0109011_22471108.jpg
各部材完成、塗装をどうするか考え中。^o^
各部重量、胴体(サーボ込み);8.52g 、主翼:4.57g、垂直・水平:1.24g、
ギヤボックス・ペラ(GWS 40x25) :4.96g、DSM2ブリック:4.14、足・タイヤ:0.82g
合計:24.25g+バッテリーとリンケージ。飛行重量30gを切りたい、それでも重いが。^o^;;
*マグネット アクチュエータ3chの方が良いかな。
e0109011_07262814.jpg

e0109011_19194527.jpg
e0109011_19195711.jpg
e0109011_19201707.jpg
e0109011_19202957.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-05-28 21:39 | 製作/レポート 等 | Comments(2)
2016年 05月 21日

久しぶりに飛行機を作ってみた。v^o^

お題は、TY Model Black Flyer V1 かなり前に購入しほったらかしてあった。^o^;;

これオススメですDSM2コンパチの(5ch)メカ(HorizenHobbyとシルクで書いてある ^o^;;)に100mAリポバッテリー付きでUS$44.99安いと思う

驚いたのはプラ部品がインジェクションではなく3mmと1mmのABSからのミーリング(CNC)加工である事、加工精度も素晴らしいのでサクサク組める、ただマニュアルがほとんど写真だけなのでよく見てパーツ割りを理解してから組む事をお勧めする。

管理人は水平のカーボン接着箇所をミスしたのと主翼用の0.8mmカーボンを一本折ったくらいで組み上げた。^o^;;

ミーリング加工のパーツ
e0109011_15254408.jpg
翼リブ、ピン穴とピンが0.8mm
e0109011_15283596.jpg
あとはフイルム貼り、3M 777スプレー糊少し多めに吹きます。
以前作ったバルサ製室内機ドラゴンフライ、軽く吹いたため後でフィルムが全部剥がれ貼り直すのに苦労した。
e0109011_15295144.jpg
メカは今は亡きHKのSuperMicro 3.24gを使用、DSM2 4.13gパチメカがもったいなかったので。
e0109011_15353702.jpg
プロペラがそっくり返っていたのでストックしてあったHKカーボン100mm(絶版)にMicroInvent 1mmプロペラアダプタ(これも絶版か)。
推力はそこそこだがパワー不足の時はtokoさん家の100mmペラに変えるかな。
e0109011_15414283.jpg
完成。¥^o^
e0109011_16043881.jpg
飛行重量 12.6g、軽量化は特に気にしなかったのだが。
e0109011_16051444.jpg
これ参考になる。

補足
プラパーツのワッシャーみたいなやつは翼抑えネジに使用、1個余るが多分良いはず。
ギヤボックスの胴体穴が小さいのでtokoさん家のコニカルリーマーで拡大。
カーボンロッドは曲げやすい方向があるので注意。
瞬着は容器(薬のブリスター等)に移し細いピアノ線などで塗布、まぁ余計なお世話だけど。^o^;;
オーリングが1個入っていてペラをつけるために使用する様だが詳細不明。
2x2.5mmのパイプはラダーシャフトの下側用、簡単に無くなるので注意。
3M777スプレー糊を使用するときダンボール箱を使用したが周辺を新聞紙で養生する必要がある130サイズの箱を使用したのだが1.5m四方に飛び散っていた、養生しなければ悲惨なことに。
使用後は逆さにし空吹きしてノズル洗浄を行うことを忘れずに、一回でノズルがつまり使用できなくなるので。

同系統の機体、Viperよりふた回り小さい。
e0109011_16465735.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-05-21 21:07 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 05月 05日

VirtualBox/Windows10/Deviation/DEVO7e

DEVO7e を管理人はDeviation(2.4G マルチプロトコル)で運用している。
Deviationのインストールや設定にはOpenTXと違いWindowsを使用するしかない、
でもいちいちWindowsを立ち上げるのが面倒臭いのでMacOS上のVirtualBoxでWindowsXPを使っていました。
しかしセキュリティーの問題とブラウザもまともに動かないのでしばらく前からWindows7をインストールし使っては居たのですがシステムアップデートが出来ない(プログレスバーがいつまでたっても進まない3〜5時間試した)。
そこでヤケに成って今なら無料といふWindows10にてをだしました、結構サクサク動きます。¥^o^
VirtualBoxは便利です現状を保存できるので毎回起動させる必要がありません。
e0109011_20494633.jpg
DeviationがV5となっていましたので再インストールを実行、以前はファームのアップデートにWalkeraDfuSeを使っていたのだがWalkeraのサイトにすでに無いためDeviationのマニュアルにあるdriversをインストールさらにDeviation Uploaderをダウンロードし無事Deviation 5.0.0をインストール。
これで無敵の送信機復活なのです。^o^
e0109011_14291334.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-05-05 14:29 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 04月 26日

Cheers CX-10W のWiFi カメラ

だいぶ前にiPadでのFPVに興味が有りCX-10Wを買ってみましたが操縦しづらいのとラダーが全く効かず旋回が出来ないので放置。
その後fushimiさんがカメラだけでも動作すると記事を上げておられ、便乗しようと思いましたが電源が3.3vと有り部材の用意と立体配線は面倒なので有り物(5個入りなので注意)を発注。

で忘れた頃デコデコが到着したので組んでみた。^o^;;
e0109011_16563700.jpg
カメラだけも有るみたい(ちょっと手持ちのと違う)だけど割高なのでバラす方をお勧め、150mAのリポバッテリーも付いてるし。


[PR]

by kanamonoya01 | 2016-04-26 21:34 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 04月 24日

200g 以下のFPV機を作ろう、完成。¥^o^

足とLEDライトを付け、バッテーリーは下に。Quanum ELITE TX CAMERAはベルクロで着脱可能。
e0109011_11422946.jpg
後部に赤LEDライトとHKディスカバリーブザー。
e0109011_11441250.jpg
全備重量:193g でした。v^o^

追記
やはり具合が悪い暴れだしひっくり返ることがあるまあ元の設計が6mmモーター用なので仕方がないのかも。

で こうなりました。^o^;;
フレームはDiatone Beta110 H4 V2.0 CF Frame Kit 全備重量:53g(500mAリポ)
e0109011_18553674.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-04-24 12:35 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 04月 20日

200g 以下のFPV機を作ろう、其の3。^o^;;

モーターワイヤー根元のヒシチューブを半分にカット、ESC配線をコンパクトに。
表面に傷をつけるようにカッターを入れ縦にカットし剥くようにする。
e0109011_17115092.jpg
ESCへ半田付け、このモーターはQCがしっかりしているので以前のを参考に左回りを平行に右回りをクロスさせたが同じメーカーのESCなのに全部反対に回った。^o^;;
モーターを固定せず半田付けするとやり易い。
e0109011_17141467.jpg
フレームの縁を蛍光ピンクに塗装、YouTubeで見て真似してみた。
下地に白を塗るのがポイント(油性マーカー)。
e0109011_17513741.jpg
受信機はDSMサテライト。
Hyperion HP-6RXDSAT が5V対応との事だったので(3.3Vの配線が面倒だった)購入し5Vテストしたところ煙は出なかったが電子部品が焦げる匂いがし使用を断念、問い合わせをした所代替え品が送られてきた(この時点でホームページよりこの品は削除されていた)。電圧を再確認をした所「HP-6RXSATの入力電圧は4.5V~9.5Vまで」と返事が来たのだがサテライトレシーバーは3.3v駆動のはずなのでダメだこりゃとなり転がっていたOrangeRx R111XNを使用することに。^o^;;
e0109011_18071291.jpg
モーター配線のゴタゴタはあったが完成。
e0109011_18092931.jpg
この機体に用意したHP-G550-0850S2 G5を搭載すると171g、29gの余裕がある。
Quanum ELITE TX CAMERAとかHyperion Mini 600TVLを乗せれば楽勝でしょう。v^o^
e0109011_18175202.jpg
管理人はこの後LEDと足をつける予定、足はベタ置きは気に入らないので。
ヘリの足を各種用意、左からHK250/BLADE 180CFX/T-Rex150。^o^;;
e0109011_18362842.jpg
ちょこっと飛ばしてみましたGemfan4045では引きが弱いのでブルノーズタイプ4045を試してみる予定。

余談
記事を書くためウロウロしていたらHyperionさんの日本語サイトを見つけた、ここへ注文したらどうなるのかな。^o^

4/21 追記
配線はコネクタが邪魔なので直に行った、ピンを外す時はまず根元のプラの部分をドライパーなどで外してから半田ごてとピンセットで1本ずつ外すと簡単。
e0109011_20530425.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-04-20 21:20 | 製作/レポート 等 | Comments(7)