R/C 小型電動飛行機 News

mercnews.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:製作/レポート 等( 117 )


2016年 04月 12日

200g 以下のFPV機を作ろう、其の2。^o^;;

絶賛放置中と思いきや、細々と制作続行中です。-o-

ESCに配線、長いのはそのまま電源コネクタを取り付けます。
白線はFCからの信号線でグランドは配線ボードを使用するため省略。
e0109011_17515921.jpg
フレームに仮止めし(Fは前後判別用)
e0109011_17545092.jpg
はんだ付け。
e0109011_17554083.jpg
続く。

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-04-12 20:48 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 03月 29日

DX5e モジュールに関するちょっと悲しいお知らせ、その2。^o^

Deltang 受信機が出てきた、もう1個あるはずなのだが何処だ。

管理人宅あるDSMモジュールを総動員し試してみた(3種しか無いけど)。^o^;;
左からDX5e_ET0505F(DSM2/DSMX)LP4DSM(DSM2)旧DX6i(DSM2)
e0109011_17553010.jpg
受信機はRx34d(多分?)motoさんが最初に販売したロット。
e0109011_18034618.jpg
結果発表。
LP4DSM(DSM2)と旧DX6i(DSM2)はバンド出来て動作OK。
DX5e_ET0505F(DSM2/DSMX)はバインド出来ず、受信機LEDがゆっくりした点滅となる。
DX5e_ET0505FはTARANISのファームがアップデートされれば動くような気がするが。

これから作る人はMLP4DSMからモジュール(LP4DSM)をむしるのが良いみたい、MLP4DSMは国内にたくさんあると思うので、日本遠隔制御の物でも多分いけると思う。ただLP4DSMは低出力なので外は厳しい。
あとDX6iのDSM2だけのものを探すか、判別方は液晶右にXが入っていない物。

Ps.
余談だがWalkera DEVO7eをDeviation化したやつでも問題なくバインド出来た。

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-03-29 20:52 | 製作/レポート 等 | Comments(2)
2016年 03月 25日

8.5x20mm ブラシモーター クアッド再び。^o^;;

3D プリンタ製のフレームで良さそうなのを見つけたので2台目を作ることにした。
フレームはDragonFli Nano QuadDMMに造形を依頼した。
sci-top-8.5mm>¥1,888、sci-base>¥1,759。
sci-baseはオレンジで依頼したのだがなんか寝ぼけた色でがっかり。^o^;;
e0109011_15120564.jpg
コントローラーはHKが品切れなのでMicro Scisky 32bitsを、Qunnum刻印消してあった。^o^;;
モーターも品切れなので8.5x20mm Motorを注文、ケーブルが短い。
ついでにAnti-vibration Rubber(60g)も、取り付け済みなので1個だけ。^o^;;
e0109011_11142866.jpg
4/3 追記
モーターケーブルを延長しコントローラーに半田付け、赤白の線はLED用。
e0109011_16170285.jpg
フレームに組み込み。色付けを試していたらフレームが蛍光のピンクに、^o^;;
e0109011_16183679.jpg
特にコントローラー設定の変更もなく普通に飛んでしまいました(拍子抜け)。v^o^
飛行重量 45.8g(w 500mAリポ)/33g(No バッテリー)プロペラはHobbyKing 60mm
遊んでいたら暴れ出すようになったどうやらダンパーが柔らかすぎてコントロールが遅れ遅れになっている様だ、ダンパーを少し固いものにしたら良くなったが振り回すとちょっと暴れる。
軽いことは良いのだがやはり剛性が足りない様だ。^o^;;

作った感想
・別にダンパーは要ら無いのでは(組み立てが面倒)。
・3Dプリンタのフレームはグニャグニャで心もとない。
・コントローラーはブラシモーター設定が済んでいてGood。
Ps.
 剛性の有るフレームに中身を早々に移植しそう。^o^;;
Ps.2
 元の設計が6mmモーター用なので文句を言うのはお門違いではある。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-03-25 21:02 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 03月 22日

DX5e モジュールに関するちょっと悲しいお知らせ。-o-

管理人も遅ればせながらDX5eからDSMモジュールをヒッベがしDSM送信モジュールを組んでみた。
で 色々な受信機とバインドさせてみたがコンパチの受信機が軒並みバインド出来ない、
自信を持って組んだのにかなりのショック。^o^;;
ちなみに最近のDSMX対応の機体とは問題なくバインドできる。

 それで破れかぶれになって何処の家にも転がっているMLP4DSMからモジュール(LP4DSM)をむしって組んでみたところ試した受信機全てとバインドが出来た。
よくわからんがDSM2対応のモジュールの方が成績が良いみたい、選択できるDSMXでバインド出来ているかは別として。
多分常用は旧DX6iのモジュール組んだやつとなりそう、悲しい。
e0109011_18525625.jpg
LP4DSMの追試求む。^o^;;

Ps.
DSM2/DSMXプロトコルを使うのにWalkera DEVO7eをDeviation化する手もある、送信機メニューでバインド可、面倒なハードの増設不要。¥^o^
motoさんの所のDeltang 受信機もバインド出来たはず、かなり昔なのでちょっとあやふや。^o^;;
ちなみにDEVO 7eはUS$59.99もしくは12,362円(品切れ中)で購入できる。

3/27 追記
Deltang 受信機搭載機見つからにゃい、どこへ行ったのやら。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-03-22 20:35 | 製作/レポート 等 | Comments(2)
2016年 02月 28日

D.I.Y. DSM2/X モジュール。¥^o^

伏見さんの記事を見てこれはと思い部材を集め始めた。

現在使用中のモジュールは使用時のモード(DSM2 1024/22ms, DSM2 2048/11ms, DSMX 22ms, DSMX 11ms 全4種類)に固定されていて機体によってボタンをダブルクリックしながらモード変更しなければいけない。面倒くさいし、どのモードで設定したか覚えていない。^o^;;
またバインド時にはモジュールのボタンを押しながら送信機の電源を入れる必要がある、これも面倒。

このD.I.Y.モジュールはTARANIS側でモードを保存出来、送信機メニューからモードを指定しバインド出来る、管理人の理解が正しければ。^o^;;

ネタ元リンクはこちら、モジュールケースの3Dプリンター用データも有り。

部材を揃えて、モジュールケースは勢いがつきすぎて散財しました。^o^;;
e0109011_10454742.jpg
各部品を半田付け。
e0109011_10470549.jpg
DSMモジュール基盤は昔買ったDX6i(DSM2のみ)を拝借し組み込み。
AirCraftさんで安売りが有った時にDX5eを買うつもり。^o^;;
e0109011_10512525.jpg
Quantum Pico 32bit で試してみたところバインドし飛行することができました。¥^o^

その後その辺にコロコロしているDSM2/Xの受信機を試してみたが特に問題は無い様だ、ただREMON RXは調子が悪い(バインドはするがスティックを動かすと外れる)まあDSMXコンパチブルと歌っているので仕方がないのだが、ちなみにDX6iでもダメでした。^o^;;
3/01 追記
REMON RXの疑いはれました、テストに使ったニッカドがヘタっている様であっという間に電圧降下を起こしているせいでした。
リポバッテリーをESC経由で繋ぐと問題ありません、お騒がせしました。^o^;;
e0109011_19472876.jpg
3/02 追記
疑問が、某おれんじ色のDSMモジュールだと一度バインドすると他のモードでは動かなくなる。
DSM2 1024/22msでバインドすると DSM2 2048/11ms, DSMX 22ms, DSMX 11msではバインドもされなくなるまあ当然なのだが。

所が今回でっち上げたモジュールではDSM2でバインドした後にDSMXに送信機設定を変更してもそのまま動く?
使用した旧DX6iのモジュール基板が悪いのか、まあDSM2しかない時代の物なので仕方がないのか?

DX5eのモジュ−ル基板を使う方は検証お願いします。-o-

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-02-28 19:48 | 製作/レポート 等 | Comments(2)
2016年 02月 21日

200g 以下のFPV機を作ろう。¥^o^

世知辛いご時世で無人航空機(200g以上の機体)なんか作った日には飛ばす場所が・・・。^o^;;
春節で止まっていたパーツが届いたので投稿。

フレーム
軽量なフレームじゃないとあっという間に200gオーバー、また3”とか3.5”プロペラでは選択肢が少ないので4”を使いたい。となると180クラスとなる。
で見つけたのがDiatone Blade 180かなり軽い。
e0109011_09372421.jpg
ついでに
付属の配線基盤はゴミなので使用しない、空中配線が軽くて良いのだが5Vも必要なので別途用意した(マルチローター用のESCは基本的にBEC5Vを出力し無い)。
左上が付属の右が以前買ったものだが見てわかる様に+とーが左右に分かれているこれだと配線がクロスするので配線が綺麗に上がる下にあるものを用意した、シールドも付いているし。
e0109011_17170174.jpg
一応KINGKONG 188なんてのも買ってみたが、メインフレームだけでこんな具合で全パーツを加えると80gを超える。
e0109011_09393348.jpg
モーター
これは重量的に11XXクラスか13XXクラスしか選択肢は無いと思う。
お買い得なDYS 1306-3100KVを選択。
e0109011_09462704.jpg
e0109011_09475361.jpg
ESC
今までこのクラスにDYS 16Amp Micro Optoを使ってきたがDYS BLHeli 16A Mini ESCが安かったのでこれにした(購入時$5.55)、多分12A位で充分だと思う。この状態で1個 2.3g。
ESCは幅が狭く外付け電解コンデンサーが無いものが良い、搭載スペースが限られるので。
e0109011_17454699.jpg
根元の黒プラを外しコードを半田付けするつもり。
e0109011_17475133.jpg
バッテリー
飛行時間約3〜5分として重量を考えると(50g以下に抑えたい)1000mAか800mAの2セルが良いと思う、ただこのへんは飛行スタイルで変わってくる。管理人はかっ飛ばすつもりはなく遊覧飛行が目的なので。^o^;;

続く

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-02-21 21:25 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 01月 31日

管理人ミニマルチローターのその後。¥^o^

Diatone ET 150はESCが不良でした(起動時に脱調)交換してスッキリ、ただこの3枚ペラは引きが悪いのです。
e0109011_17595934.jpg
そこでプロペラをこんなやつで削り。
5"までしか対応していなかったので2"位まで対応できる様に加工、久しぶりのミーリング工作はうるさかった〜。^o^;;
e0109011_18070324.jpg
加工後のペラがこれ、4.5”と5”を3"位まで削り落とした。
でもなぜかこれらをつけると暴れまくって全く飛行できない。
そこでバランス取り、それでつや消しになっています。
これでも暴れるいろいろ調べCleanFlight/PID Turingタブ/PID ControllerをデフォルトのMoultWiiからLuxFloat変更し上手く飛ぶ様になりました。v^o^
e0109011_18153216.jpg
Grasshopper 160はLEDライトと足を追加。
e0109011_18163099.jpg
足は1mmカイダック(カイデックス)製1.5mmが良かったかも。
e0109011_18164532.jpg
Quanum WISP 110はプロペラをParrotのローリングスパイダー用(65mm)に交換しましたこれは引きがすごい、HK60mmでスロットル6分目くらいでホバリングでしたがこのペラだと3〜4分目位でホバります。
メカデッキを外しバッテリーを下に持って行きジップタイトで足を追加、来たるべきFPV化に備えています。^o^;;
e0109011_18260536.jpg
このペラはアマゾンで買った時¥864だったのに今見たら¥1,480となっていてビックリ。


[PR]

by kanamonoya01 | 2016-01-31 18:35 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 01月 17日

Diatone ET 150 その3

一応形には成ったのですが、モーターが一個調子が悪い。
無負荷だとスムースに起動するのですが、プロペラを付けると起動時に上手く立ち上がりませんただ回転しだすと問題が無いので厄介です。取っ替え引っ替えやりましたが症状が改善しないのでESCを交換してみようと思い発注しました。^o^;;

Grasshopper 160との比較、ひとまわり小さく見えるのはプロペラのせい。
この3枚ペラは引きが悪いので35x45プロペラをカットしてみようと思う。
小径ペラ、カッコ良いやつは引きが悪い。^o^;;
e0109011_16511049.jpg
コントローラー周辺、ブザーを取り付けたがしょっちゅうピコピコ鳴ってありがた迷惑。^o^;;
ESCからのグランド線は省略したので少しスッキリ。
ディストレビュションボードの12V側は2セルだとそのまましか出ません、UPコンバータとはなっていないようでLEDが一寸暗い。
e0109011_16565407.jpg
追記
XK K100 RTF送信機の技適マークシール到着しています、ハイテックマルチプレックスさんでもホムページに告知が出ていました。

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-01-17 16:59 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 01月 12日

Diatone ET 150 その2

何とか動く様に成りました、DSM2サテライトレシーバーの繋ぎ方で悩みましたが。
設定
*Portsタブ
 UART2のRX(Serial RXをオンにしセーブ
*Configurationタブ
 Receiver ModeをRX_SERIALにSerial Receiver ProviderをSPEKTUM1024か1048にしセーブ
*Receiverタブ
 Channel MapをJR/Spektrum/Graupnerを選択しセーブ
あとはサテライトレシーバーの黒をグランドに赤を3.3V端子に白(信号線)は
PWM4番へ接続。で動きました。初め1番だと思っていたのですが先人のムービーを見て判明。

ジャンパー飛ばしてチェック中の図。
e0109011_22234025.jpg
モーターの取り付け位置間違えていましたので変更しています。^o^;;
これから不要なケーブル取っ払って最適化します。
モーターESCのキャリブレーションはこのムービーを参考に。
問題がなければ明日初飛行予定。¥^o^

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-01-12 22:30 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 01月 10日

性懲りも無く 150サイズを作っています。^o^;;

少し前にプロペラサイズでボツにしたDiatone ET 150フレームを160サイズがよく飛ぶので気を良くし同じESCとモータを追加購入して組み立ています、プロペラも合う奴を購入。¥^o^
e0109011_18245668.jpg
コントローラーは以前気まぐれで購入したNEZE23コンパチを搭載しDSMXサテライトレシーバーでコントロール予定。
e0109011_18264907.jpg
ファームウェアはCleanFlightで、でもDSMXサテライトの繋ぎ方が今ひとつ分からん。

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-01-10 18:33 | 製作/レポート 等 | Comments(0)