R/C 小型電動飛行機 News

mercnews.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:3D プリンター( 51 )


2017年 10月 26日

Raspberry Pi Zero W 購入出来ます。

Raspberry Pi Zero Wが購入出来る単体は抽選販売だが、セット物が購入可。^o^

e0109011_18414407.jpg
多分あっという間に無くなるぞぃ、ケースキットをポチッとな。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2017-10-26 20:02 | 3D プリンター
2017年 10月 20日

Ultimaker Cura 3.0 がリリースされたそうな。^o^

Ultimaker Cura 3.0
e0109011_09042563.jpg
管理人の使っているのは今でもCura1.5なのです。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2017-10-20 20:18 | 3D プリンター | Comments(0)
2017年 09月 25日

Original Prusa i3 MK3 がリリース。

Original Prusa i3 MK3が新発売だそうな、新機能がてんこ盛り。¥^o^
一番面倒な部分がアルミアングルになって組立も楽に。^o^
オリジナルパーツを開発しさらに社外のパーツも取り込む、凄いな〜。^o^


余談
大幅な改良なのでアップグレードキットはで無いな〜。
おっOriginal Prusa i3 MK2/S to MK2.5 upgrade kitが有った、これ買うべ〜。^o^

[PR]

by kanamonoya01 | 2017-09-25 20:50 | 3D プリンター | Comments(0)
2017年 09月 02日

フルカラー3DプリンターをXYZPrintingが発表

なんて記事をTechCrunch Japanさんで見つけた、$3000,00位だそうな。
以前フィラメントにスプレーで塗装しカラー化する方法を記事にした事が有るが同じ事をプリンターで行う様だ。
e0109011_16291147.jpg
このサンプルもう少し何とかならんかったのか。^o^;;
e0109011_16302818.jpg
メーカーページ da vinci full-color

[PR]

by kanamonoya01 | 2017-09-02 16:37 | 3D プリンター
2017年 09月 01日

HYPERION-Forge3D 番外その4。

HYPERION-Forge3D の印刷がやたら汚いのでフィラメントの送り機構をバネテンション方式に改良。
e0109011_09293287.jpg
純正を加工しバネテンション式に、ノズルはFlexion Extruderの物をそのまま使用、上下ともテフロンチューブで送る方法は確実で優れていると思うが固定テンションはかなり気むずかしい。
以前から加工してバネテンション式にならないかと考えていたのだが、フィラメントによって設定を変更するのは面倒で忘れるし同じ材質でもメーカーで違う。
あと送りローラーも純正に戻した、径が若干違うのと歯が細かすぎる様なので。
e0109011_09364708.jpg
上手く行った様だ。^o^
e0109011_09375678.jpg
余談
初めアマゾンNBの安物フィラメントが悪いのかと思いPrusa i3 MK2で印刷すると問題が無かった、2台有ると切り分けが出来て便利。^o^;;

追記
レバーを押しすぎるとフィラメントが切れる、折れる。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2017-09-01 21:27 | 3D プリンター | Comments(0)
2017年 08月 24日

26時間半の印刷が頓挫。(T_T)

90% 位の所からエクストルーダーがカタカタ言い出しこんな結果に、骨粗鬆症みたい。^o^;;
ノズルが中途半端に詰まったらしくクリーニングフィラメントを通して見たが変わらない(送りが悪くちょろっとしか出てこない)。
e0109011_06280661.jpg
以前YouTubeで見た方法を試したところ解消された。
先ずノズルの温度を上げその後100度位まで下がったところで手動でエイヤッと引き抜く、上手くするとノズルの先端までズルッと抜けてくる。
機種によってはエクストルーダーモーターがフリーに成らないのでその時は電源を切り引き抜く。

こんな感じ、ノズルから20mm位の所に黒いかたまりが出来ていた、先端にもすこし。
e0109011_06282652.jpg
その後同じ黒フィラメントで20時間物を印刷したが問題無かった、運が悪かった模様。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2017-08-24 21:22 | 3D プリンター | Comments(0)
2017年 08月 15日

3D プリンターのワイアレス環境はOctoPrintで決まり。v^o^

Prusa i3 MK2にもOctoPrintを追加、Raspberry Pi Zero W+アマゾン¥800カメラを増設しました。
FlashAir によるファイル転送は不安定なため諦め。^o^::

一寸色がおかしいけど動作を見ているだけだから。
e0109011_16091609.jpg
Pi Zero Wが1,296円カメラが800円それに8G位のマイクロSDカードでぇケースはプリント、3千円一寸でファイル転送・プリンター操作・遠隔監視が出来る。¥^o^ ただPi Zero Wが入手難って所がネック。
3脚は百均の、Pi Zero W は事件(後述)が有ったので脚にベルクロ止め。
e0109011_18155670.jpg
事件 SDカード破損(物理)
カメラ用のフラットケーブルは取り扱いに細心の注意が必要、簡単にショートしSDカードが物理的に壊れます(2個壊しました)。^o^;;
ついでに便利グッズをUSB A型をマイクロUSB変換してくれます(省スペース)。
e0109011_18214476.jpg
ついでにこんなのもPrusa i3 MK2のコントローラー基板に使用。
今時USB B型なんて殆ど使って無い、画像はアマゾンからパチッ。^o^;;
e0109011_18261031.jpg
なぜ遠隔監視が必要なのか
終夜運転をすると五月蠅くて寝てられないので納戸に放り込んだため。^o^;;

余談
AstroPrintってのもインストールして見ましたがインターフェイスがボタン式?クラウド側でスライスも行ってくれるようですが全てが違う、Pi Zero W未対応で監視には向かない仕様なのでパス。^o^;;

8/16 追記
Pi Zero W+カメラの消費電流をいつものUSB電流/電圧計で測ってみました、最大で300mA位なので百均のUSB充電機で問題無いでしょう。何処の家にも転がっているスマホ充電機でもOK。
Raspberry Pi 3 Model Bだと2Aの電源を要求するのでかなりの省電力機です。

ついで
ブラウザーに表示されるまでに1分半ほどかかるがその後はストレス無く使える、IPアドレスをたたけば同じWiFiネットワークに繋がっているiPad/iPhone/Android等のブラウザからログインし無くても状況を確認出来て便利。¥^o^

忘れていました。^o^;;
Pi Zero は専用のカメラケーブルを使いますカメラ付属の物は使えません。
このケースには専用の短いケーブルが付いてきます、組込がタイトなため注意(事件)が必要です。
Prusa i3 MK2用にはバンジーのこのケーブルを使いました。
カーブル一体のこんなカメラも有るみたいこれの方が安上がりで良かったかも。

8/28 追記
Raspberry Pi Zero Wは国内調達は難しいのですが本家よりの購入は簡単です、PIMORONIさんで購入出来ます本体が£9.60で送料も£9.60なので約2千7百円位十日から2週間位で届きます。
テンバイヤーから買うより安い、と思って調べたら「Raspberry Pi Zero W ベーシックパック - 日本向け Raspberry Pi Zero W 本体付き」(¥ 3,850)なんてのがアマゾンさんで。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2017-08-15 21:59 | 3D プリンター | Comments(0)
2017年 08月 12日

HYPERION-Forge3D 番外多分その3。^o^;;

OctoPrint の記事を見た方は気づいたと思うがForge3Dの印刷ヘッドを小改良しました。
PETGの印刷でノズルの中にPETGの炭化したかたまりが出来取れないため0.4mmのノズルをFlexion Extruderに注文ついでに気になっていたシリコンソックスやアジャストナットも。
e0109011_09293357.jpg
で ヒートブロック分解中にやらかしました、ヒーターが固着していたのをプライヤーで外そうとして断線。^o^::
純正は送料込みだと2千円になるのでアマゾンさんでそれらしいのを購入、直径が少し小さいので0.3mmアルミ板でスペーサーを作り組上げ。
e0109011_09362599.jpg
温度も安定しておりなかなか良い。^o^

[PR]

by kanamonoya01 | 2017-08-12 14:16 | 3D プリンター | Comments(0)
2017年 08月 05日

Pi Zero W にオクトプリントをインストールしてみた。v^o^

管理人のOctoPrintインストールの防備録です。^o^;;

以前購入したRaspberry Pi Zero WにOctoPrintをインストールし3Dプリンターを遠隔操作ついでにカメラを付け監視もあわよくば行おうとドタバタした記録。

必要なソフト
1)SDメモリカードフォーマッター SDカードを新の状態に戻す、未使用なら不用。
2)Pi baker OctoPrint イメージをSDカードに焼く。

手順はこのムービーそのまま。

1)OctoPrint イメージファイルをダウンロード。
2)SDカードを初期化。
3)イメージを書込。
4)WiFi 設定を書込
e0109011_12490912.jpg
octopi-network.tex をエディターで開き。
e0109011_12503095.jpg
put SSID hear と put password here を使用中のWiFiルーターの物に変更。
注意)WPA/WPA2 の必要あり、最近のWiFiルーターは対応していないかも。
   ルーターのゲームモードがWPA/WPA2だった様な?
忘れずに## WPA/WPA2 secured 以下3行の#を削除。

此処からムービーではEther NET接続でSSHでウンチャラカンチャラなのだが管理人には良く分かんので。^o^;;

Raspberry Pi Zero WにSDカードを装着しHDMIモニターに繋ぎワイヤレスキーボードドングルを取付起動。
e0109011_13133399.jpg
立ち上がるとIDとPasswordを聞いてくる、デフォルトが。
ID:Pi
Pass:raspberry
そのままだとハッキングされるので。
passwdコマンドでパスワードを変更する、先ずデフォルトを聞いてくるので入力し変更したパスワードを入れ確認するために再度入れる。
次にsudo raspi-configコマンドを入力しコンフィグ画面に、ムービーの様にメモリー領域の確保は必要ない様なので8 Updateを選択しWiFiとインターネット接続を確認。
WiFiの問題が無ければアップデーターをダウンロードしインストールしてくれる、コマンド待ちになったら。
同じSSIDに接続したマック(PC)からhttps://www.octopi.localで接続上手く行かない時はIPアドレスを調べ叩く。
管理人は以前紹介したFingを使用してIPアドレスを調べブラウザで入力、後はムービー通りに設定。
何とか設定を終了し監視モニター画面が出るところまで来ました。¥^o^

でも何かWiFiが・・・、Fon ルーター使っているからかな〜。^o^;;

注意)ブラウザOctoPrintの終了時必ずSystemメニューからshutdownで終了する事。

追記
カメラはちょこっと安かったのでV2をバンジーで購入、V1ならアマゾンさんで¥800だす。

余談
国内版Raspberry Pi Zero Wの争奪戦に管理人も参加していました、サーバーが重くてなかなかバスケットに入らずまた入っても購入画面に行けず数え切れない位エラー画面を見ました。
苦節約1時間Raspberry Pi Zero W単品は買えず割高なケースセットを何とか入手。^o^;;

8/9 追記
他のWiFiルーターに繋ごうと色々試したのですが我が家の環境だとFonルーターにしか繋がりません、でこのルーターはWEPなのでした。
iPadでFonルーターに繋ぐとセキュリティーアラートが出るので変だな〜とは思っていたのですが。^o^;;
WPA/WPA2の設定をしているのにWEPしか繋がらないのは、OctoPrintのバグ?

8/11 追記
パイ コンフィグからアップデートを掛けた後に常用WiFiルーターのWPA/WPA2のパスワードを入力し立ち上げたところ問題無く繋がる様に成っていた、試しに2度行ったが問題無い様だ。
そこでOctoPrint.orgから最新のイメージをダウロードし再度常用WiFiルーターの設定を書き込んでみるとらあっけなく繋がった、何だったんだ〜。^o^;;

今更なのですがWEPで繋がるとブート画面下にローカルIPアドレスが表示されます。
e0109011_16025134.jpg
で WPA/WPA2で接続するとIPアドレスが沢山表示される、下の2行はグローバルIPかな。
e0109011_14475273.jpg
余談
あっけなく戦いが終了しました、ここ3週間の管理人の時間を返せ〜。^o^;;

8/11 追記2
Forge3Dにセットしテスト印刷。
e0109011_19125488.jpg
調子良いぞ〜。¥^o^
e0109011_19445591.jpg
完成。v^o^
e0109011_20410335.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2017-08-05 20:14 | 3D プリンター | Comments(0)
2017年 07月 29日

【ボンサイラボ】BS CUBE™ PLA3Dプリンター クリアブルー

なんてのが出るらしい限定でセール価格:¥ 32,184
モデル      BS CUBE™
電源       INPUT:100-240V~2.5A 50/60HZ  OUTPUT:12V 6.0A
定格出力     72W
ノズル直径    0.4mm
本体サイズ    210 x 195 x 279mm
本体重量     2.8kg
パッケージサイズ 250 × 250 × 368mm
パッケージ重量  4.3kg
造形方式     熱溶解積方式(Fused Filament Fabrication)
ヒートベッド   なし
対応フィラメント 1.75mm PLA
最大造形サイズ  110 x 110 x 125mm
プリント分解能  +- 0.1mm
積層ピッチ    推奨0.2mm(0.1mm-0.4mm)
最大推奨造形速度 40mm/sec
プリント温度   190℃-210℃(PLA)
インターフェース USB 2.0, SDカード
ソフトウェア   Repetier-Host,Cura
e0109011_10385003.jpg
必要なものは全て同梱!だって。
高品質フィラメントはじめ、microSDカード、カードリーダーなど必要最低限のものは
全て揃っているので届いてからすぐ使えることが出来ます。

同梱物
・BS CUBE TM
・クイック操作マニュアル
・ACアダプター(スイッチ付き)
・マグネット式造形テーブル
・microSDカード
・カードリーダー
・ニッパー
・フィラメント 250g
・高粘度天然成分スティックのり
・USBケーブル
・ノズルメンテナンス用ニードル

[PR]

by kanamonoya01 | 2017-07-29 16:35 | 3D プリンター