R/C 小型電動飛行機 News

mercnews.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:3D プリンター( 45 )


2017年 01月 09日

まさかココに有るとは思わなかった、ポーズとストップ。^o^;;

印刷中にメニューSD Card下に出ます。¥^o^
すっと探していましたこれでCureのプラグインPaus at hightを利用してフィラメント交換による多色印刷ができます。\(^O^)/
Paus at hightだけだとヘッドが指定位置に移動してすぐに印刷再開してしまいます、時間設定もつけてくれると良いのに。^o^;;
e0109011_15425799.jpg
で ためしてみた、こんなの出来ました。^o^;;
問題点多数、ファームいじらないと無理みたい。
e0109011_17554926.jpg


[PR]

by kanamonoya01 | 2017-01-09 17:56 | 3D プリンター | Comments(0)
2017年 01月 03日

巨大構造物(相対的)印刷。^o^;;

189mm x167mm x153mm のオブジェをPLAで印刷。^o^
e0109011_09501474.png
今のところこんな感じ。
e0109011_11410666.jpg
自爆ボタン緊急停止ボタン設置。
同系統のコントローラーに停止ボタンが付いているのを結構見るがどうやっているのか謎だった、基板のバージョン確認のため開けてみたところ何の事は無い液晶の基板にタクトSWが付いていた。
穴を開けポチッとボタンを設置、でかいと無性に押したくなるので小さめに。^o^;;
e0109011_11411068.jpg
マイクロSDカードが入れ辛いのでマイクロSD=>SD変換延長ケーブルで楽チンに。
e0109011_18452675.jpg
他に年末年始とこんなことしていました。^o^;;

ヘッドクリアランス調整用のゲージ、ダイアルゲージって規格品じゃないのかな寸法が違ったのでスポンジテープで調整。
コピー用紙で調整した後にエクストルーダースッテッピングモーターにカパっとかぶせて追い込み、ただプリントベッドが結構凸凹しているのが判明したが0.05mm以下には追い込めるみたい。
e0109011_10085578.jpg
テンション設定穴に色付しわかりやすいようヘルプをLEDに。
e0109011_09535634.jpg
追記 こんなもの購入しました。
クリーニングフィラメントしょっちゅう材質の違うフィラメントに交換するのでノズル詰まりが心配で購入、交換時半分くらい手動で送り込みます。
下の真鍮ブラシはノズルに付着したフィラメントのカスを除去するのに便利。
e0109011_15235625.jpg

作りためていた3DプリンターFPVフレームの組み上げ。
e0109011_10001524.jpg
2機とも今ひとつ重量的にには以前作ったカーボンフレーム製とほとんど変わりないのだが?
ファームの変更とかPID調整でなんとかなるかもしれないが面倒なの放置。^o^;;

放置されていたミス・ハイペリオンの再生、サーボは同じだが受信機は3軸ジャイロ付きでモーターは叩き売りで購入した2205何ちゃら。調べたら10年前に作ったやつだった。^o^;;
e0109011_10294591.jpg
フィルムのシワとりをしたら雪の上を走れせてみよう、200g超えているけど飛ばなければOK、上がってしまってもたまになら・・・。v^o^

1/02 追記
朝ご飯を食べていたら出来上がっていた凄い存在感。^o^
2日と4時間クリアイエローフィラメント半分使用。^o^;;
e0109011_16554705.jpg
1/08 追記
付随するパーツを印刷して完成、ボールを上まで上げるスクリュウシャフトをBrimで行いあと少しのところで剥がれた。そこで周りについでに印刷する部品をちりばめRaft+ケープで上手く印刷。
言い忘れていたが最近スッティックノリの代わりにケープを使用している周りに飛び散るのが嫌なのでスプレー時ダンボールでプリントベッドを囲っている。
e0109011_15041457.jpg
上の部品を赤で印刷したがちょっとどぎつかったかも.
ボールも印刷したが上手く転がりそうにないのでマルシンの8mmBBで代用、実に具合が良い。¥^o^
アナログについでデジタルも導入、勢いでつい。^o^;;
e0109011_21533676.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2017-01-03 13:31 | 3D プリンター | Comments(0)
2016年 12月 23日

DHL の税金の話をした時に HobbyKing さんから買ったもの。^o^

はこれ。
組むとこんな風、ステッピングモーターとヒーター/サーミスターは既存のを使用。
e0109011_15185615.jpg
インストール手順参考。


記事に出来なかったのはPETGがうまく印刷出来ず戦っていた、具体的にはRaft印刷時PETGフィラメントががガリガリ削られ送られないというもの。
 このエクストルーダーはスプリングテンションでは無く右上のダイアルで固定したテンションをフィラメントにかけると言うもの、これが結構曲者でデフォルトの設定ではPLAすらうまく送ることが出来ない、途中で何度元に戻そうと思ったことか。^o^;;
ダイアルは4段階あり#4がPLA等の硬い材料で#3がちょっと柔らかいABS等、#3と#4がゴムのようなフィラメントとなっている。
ダイアル上のイモネジを調整し#4でPLA、#3でHIPSがやっと印刷できるように。
e0109011_19042414.jpg
その後PETGもBrimを使用すると#3で印刷できるように。
でLayer Hightを0.1にしてタコさんを印刷してみた。
e0109011_19183759.jpg
頭からっぽで完成、かなり綺麗。^o^
e0109011_19185475.jpg
その後RaftのExpertConfigをいじくったらRaftも印刷できるようになった。¥^o^
追記>Expert config/RaftでBase line widthを1.0、Line spacingを1.5に変更。
でも印刷初期に出る尻尾をむしっておかないとそいつがいろいろ巻き込んで悲劇が起きる。^o^;;

Flexion Single Extruderを組み込んだ現状。
e0109011_19244728.jpg
ダイアルに数字が打刻してあるのだがヒートシンクの影で見えないためレンチを差し込む穴を彩色して目安とした、見えているのは#4 白でPLA用ポジション。

言い忘れていたがFlexion Single Extruderに変更したのはフィラメント送りの精度を上げることとのズルアッセブリー交換でのノズル温度の安定化、うまくいったかどうかは別として。^o^;;
あと見た目が良いのも選んだ理由。^o^;;

でもエクストルーダーモーターの位置が変わったせいでモーター温度が低く印刷時35度位に。

12/27 追記
ABSもPETG同様にRift印刷時フィラメント送りが上手く出来ないためにPETGと同様に
Expert config/RaftでBase line widthを1.0、Line spacingを1.5に変更。

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-12-23 18:04 | 3D プリンター | Comments(0)
2016年 12月 15日

AirCraft さんで Forge 3D - パーソナル デスクトップ 3D プリンター 在庫復活。

Forge 3D - パーソナル デスクトップ 3D プリンター(¥45,980 税別)今なら10%オフ。¥^o^
注文時PLA フィラメントを忘れずに買う事、派手な色が良い。^o^;;

特徴:
安定性、耐久性のある構造 (曲がったり振動しないための剛性のあるフレーム)
低ノイズ
簡単セットアップのためのシンプルな構造
高速で正確にプリントを行う能力 (70mm/s)
確実で精密なプリント
高いコストパフォーマンス
SD カードプリント
多種多様なフィラメント材料に対応
簡単なメンテナンス
e0109011_22040863.jpg
管理人は二ヶ月も遊んでいるしまだまだ楽しめそう。v^o^

Ps.
モデリングが出来なくても大丈夫各種データが山ほど。
管理人のレポートも参考にしてね。

余談
雪がひどくなってきた、明日は雪かきだ。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-12-15 22:10 | 3D プリンター
2016年 12月 10日

HYPERION-Forge3D 番外その2。^o^;;

アマゾンでABSフィラメントを買ってみました、目の覚めるようなオレンジ色が欲しかったのですが残念ながら朱色。^o^;;

とりあえずテストでこいつを印刷、1度目はFillを0%に間違えていたのとデフォルトのノズル温度で行ったが低すぎて途中でバラバラに。
どうやらデフォルトの135度がノズルでは出ていない模様、Fillを20%にしノズル155度・ベッド90度で上手くいった。
e0109011_16460530.jpg
中の螺旋階段も綺麗ただ中央にDNA螺旋の様な2重螺旋があるのだが下側は綺麗なのだけれど中央辺りから糸くずだらけになっている。
e0109011_16461138.jpg
余談
造形物冷却ファンを強化した厚みが約2.5倍の28mm、爆音で死蔵していた物もちろん日本製。
 あとYouTubeを見ていたらステッピングモーターの効率を下げ作動温度を下げるなんてのがあったのでエクストルーダーの動作時の温度を測ってみたら50度を超えていてびっくり、ノズル用のファンがノズルマウントを通してねじ止めされているので少しは足しになるかと放熱グリスをヒートシンクとステッピングモータに塗ってみたがヤブヘビか?
ダメだったらステッピングモーターに冷却ファンをつけるかな。
e0109011_21503989.jpg
12/11 追記
ABS平物に挑戦、カメラ用ミニ三脚
印刷中、今の所浮いてはい無い。^o^ LEDライトは良い位置を探り中。
e0109011_13181257.jpg
動作中のエクストルーダー・ステッピングモーターは54度、ファン横のヒートシンクは47度でした。やっぱりステッピングモーターに冷却ファンをつけるかな、昔買ったビデオカード用の45mm角のがあるから。

うまいこと出来上がった。v^o^ だが手前左側がちょっと浮いていた。
e0109011_13232769.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-12-10 19:20 | 3D プリンター | Comments(0)
2016年 12月 05日

HYPERION-Forge3D 番外。

総仕上げとしてHIPSでドラゴンを印刷しようとしていますが2度失敗しました。^o^;;
全高147mmの難物です。
e0109011_16064407.png
1度目はRaftが3mm位印刷した所で反り断念。
2度目はスッティク糊を塗り上手くいっていたのですが135mm(94%)の所でノズルが右の羽を引っ掛け折れました。(>_<)
e0109011_16145647.jpg
3度目、Fillなしだったのを20%にし強度を上げRaft無しで挑戦。

でぇ、出来ました。\(^O^)/
e0109011_21452505.jpg
細かい所は色々気になるけどまあ及第点でしょう。v^o^

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-12-05 21:46 | 3D プリンター | Comments(0)
2016年 12月 01日

HYPERION-Forge3D 其の14。

YouTubeで3Dプリンターの動画を見ていたらForge 3Dのテンションスプリングが悪さをしアンダーキャンバーの印刷に不具合が出るらしい。
X軸とY軸のコックドベルとにテンションスプリングが入っているが引き戻される時にスプリングが伸びる模様。

X軸のテンションスプリング、交換前の写真を撮り忘れたのでマニュアルから。
e0109011_21162863.jpg
こんなのを取り付けた。
e0109011_21171457.jpg
Y軸のテンションスプリング。
e0109011_21175498.jpg
此方はこれにした。
e0109011_21183819.jpg
でアライメントをとりなおしPLAでテストプリント
良い感じの気がする、交換前にテストプリントするのを忘れた。^o^;;
e0109011_21194118.jpg
マクロレンズで撮ってみた。
e0109011_21214740.jpg
e0109011_21220384.jpg
今回でHYPERION-Forge3Dプリンターのレポートは終了とする、普通に印刷できるようになったからね。v^o^

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-12-01 21:10 | 3D プリンター | Comments(0)
2016年 11月 10日

HYPERION-Forge3D 其の13。

調子に乗って保温箱内温度を50度に上げたらPLIで作ったパーツが変形、ベッド調整ナットもPLIのためアライメントが狂って大騒ぎ(ベッドシートにヘッドが擦った跡が)。^o^;;
Y軸ブレーズはデカいのでネジの緩み程度で済んだ。
変形したフィラメントガイドとコブラファンダクトはPETGで作り直し、ただPETGもPLI並み?に高温に弱いので(80度でフニャフニャ)庫内温度を40度以上に上げないことを誓った。^o^
e0109011_21452440.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-11-10 22:04 | 3D プリンター | Comments(0)
2016年 11月 06日

HYPERION-Forge3D 其の12。

HIPSてごわし、iPhon ケース(水平・垂直)を印刷しようとしての成れの果て。^o^;;
ベッドに固着しません、簡単に剥がれてこの始末。
e0109011_15411382.jpg
百均のスッティック糊を塗って印刷中。
e0109011_19373938.jpg
出来上がってサポート外していたらベルトクリップも剥がれた。^o^;;
ベルトクリップは有るので接着するか。
e0109011_19390989.jpg
11/6 追記
便利そうなのでハンダ付けジグを印刷、Raft付きで。
e0109011_11115641.jpg
問題なし。HIPSはRaf必携みたい、多分。

Ps.
マイクロSDカードの受け口に白線を塗っていましたが良いものを見つけました。
e0109011_14291633.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-11-06 14:29 | 3D プリンター | Comments(0)
2016年 10月 30日

HYPERION-Forge3D 其の11。

PETG フィラメントを入手、送料は高かったが以前に使ったHIPSと同じメーカーなのでちょっと安心か。^o^
印刷するためのデータを調べてみたのだがみんな様々なので試してみるしかなさそう。
ベッドの設定温度も無しから55度85度90度等等、ヘッドの温度も255度や260度。
そこでこんなふうに設定、他はデフォルト。プリントスピードは15に落とした。
e0109011_10094710.png
ちなみにお題はこれ「HIPSのはどうなった」は無しで。^o^;;
下フレームはRaft付で、上フレーム差込部分がちょっと汚れているが歪みもなくトリミングで問題なさそう。
e0109011_10150506.jpg
上フレームとカメラマウントをBrim付きで、取り外すためカッターでシコシコ面倒くさい。造形に問題なし。
e0109011_10194854.jpg
次はアームなのだが説明をよく見なかったので失敗、上下逆にせよと有り。^o^;;
逆にしRaft付きで再印刷。
スクレーパーは面取りをしてからエッジを砥石で研いであるとしちゃんみたいに紙が切れるほどではないが、ベッドから外す時やRaftを剥がすのがすごく楽になる。^o^
e0109011_18083334.jpg
細い糸がたくさん内側に、これ少なくする方法あるのかな?
e0109011_18135066.jpg
組むとこんな感じ、重量17gちょっと重い。
e0109011_18215805.jpg

今回は箱を加熱せずに印刷。保温箱は若干改良、窓の上開きは両手作業がむずいので下開きにまたフィラメント交換時に箱を外すのが面倒なので屋根が開く様に。
暖気が抜けない様に隙間風防止テープでシール。
印刷時庫内温度は33〜35度位で安定する。v^o^
e0109011_10292537.jpg
余談
ウロウロしていたらHTPLAなんてのを見つけた。^o^
ここで買えるが高い。日進月歩で新し物が出てくるので情報収集は欠かせない。^o^;;

Prusa i3 MK2 がだんだん欲しくなってきた、まずい。

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-10-30 18:25 | 3D プリンター | Comments(0)