R/C 小型電動飛行機 News

mercnews.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 28日

D.I.Y. DSM2/X モジュール。¥^o^

伏見さんの記事を見てこれはと思い部材を集め始めた。

現在使用中のモジュールは使用時のモード(DSM2 1024/22ms, DSM2 2048/11ms, DSMX 22ms, DSMX 11ms 全4種類)に固定されていて機体によってボタンをダブルクリックしながらモード変更しなければいけない。面倒くさいし、どのモードで設定したか覚えていない。^o^;;
またバインド時にはモジュールのボタンを押しながら送信機の電源を入れる必要がある、これも面倒。

このD.I.Y.モジュールはTARANIS側でモードを保存出来、送信機メニューからモードを指定しバインド出来る、管理人の理解が正しければ。^o^;;

ネタ元リンクはこちら、モジュールケースの3Dプリンター用データも有り。

部材を揃えて、モジュールケースは勢いがつきすぎて散財しました。^o^;;
e0109011_10454742.jpg
各部品を半田付け。
e0109011_10470549.jpg
DSMモジュール基盤は昔買ったDX6i(DSM2のみ)を拝借し組み込み。
AirCraftさんで安売りが有った時にDX5eを買うつもり。^o^;;
e0109011_10512525.jpg
Quantum Pico 32bit で試してみたところバインドし飛行することができました。¥^o^

その後その辺にコロコロしているDSM2/Xの受信機を試してみたが特に問題は無い様だ、ただREMON RXは調子が悪い(バインドはするがスティックを動かすと外れる)まあDSMXコンパチブルと歌っているので仕方がないのだが、ちなみにDX6iでもダメでした。^o^;;
3/01 追記
REMON RXの疑いはれました、テストに使ったニッカドがヘタっている様であっという間に電圧降下を起こしているせいでした。
リポバッテリーをESC経由で繋ぐと問題ありません、お騒がせしました。^o^;;
e0109011_19472876.jpg
3/02 追記
疑問が、某おれんじ色のDSMモジュールだと一度バインドすると他のモードでは動かなくなる。
DSM2 1024/22msでバインドすると DSM2 2048/11ms, DSMX 22ms, DSMX 11msではバインドもされなくなるまあ当然なのだが。

所が今回でっち上げたモジュールではDSM2でバインドした後にDSMXに送信機設定を変更してもそのまま動く?
使用した旧DX6iのモジュール基板が悪いのか、まあDSM2しかない時代の物なので仕方がないのか?

DX5eのモジュ−ル基板を使う方は検証お願いします。-o-

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-02-28 19:48 | 製作/レポート 等 | Comments(2)
2016年 02月 22日

ニャンコ・ニャンコ・ニャンコ。^o^

この動画面白い。 朝日新聞デジタルさん。
e0109011_19490706.png

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-02-22 20:47 | その他
2016年 02月 21日

200g 以下のFPV機を作ろう。¥^o^

世知辛いご時世で無人航空機(200g以上の機体)なんか作った日には飛ばす場所が・・・。^o^;;
春節で止まっていたパーツが届いたので投稿。

フレーム
軽量なフレームじゃないとあっという間に200gオーバー、また3”とか3.5”プロペラでは選択肢が少ないので4”を使いたい。となると180クラスとなる。
で見つけたのがDiatone Blade 180かなり軽い。
e0109011_09372421.jpg
ついでに
付属の配線基盤はゴミなので使用しない、空中配線が軽くて良いのだが5Vも必要なので別途用意した(マルチローター用のESCは基本的にBEC5Vを出力し無い)。
左上が付属の右が以前買ったものだが見てわかる様に+とーが左右に分かれているこれだと配線がクロスするので配線が綺麗に上がる下にあるものを用意した、シールドも付いているし。
e0109011_17170174.jpg
一応KINGKONG 188なんてのも買ってみたが、メインフレームだけでこんな具合で全パーツを加えると80gを超える。
e0109011_09393348.jpg
モーター
これは重量的に11XXクラスか13XXクラスしか選択肢は無いと思う。
お買い得なDYS 1306-3100KVを選択。
e0109011_09462704.jpg
e0109011_09475361.jpg
ESC
今までこのクラスにDYS 16Amp Micro Optoを使ってきたがDYS BLHeli 16A Mini ESCが安かったのでこれにした(購入時$5.55)、多分12A位で充分だと思う。この状態で1個 2.3g。
ESCは幅が狭く外付け電解コンデンサーが無いものが良い、搭載スペースが限られるので。
e0109011_17454699.jpg
根元の黒プラを外しコードを半田付けするつもり。
e0109011_17475133.jpg
バッテリー
飛行時間約3〜5分として重量を考えると(50g以下に抑えたい)1000mAか800mAの2セルが良いと思う、ただこのへんは飛行スタイルで変わってくる。管理人はかっ飛ばすつもりはなく遊覧飛行が目的なので。^o^;;

続く

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-02-21 21:25 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2016年 02月 20日

Air Craft さんからお手紙が来て。


気になったのは以下2点。^o^;;

e0109011_18163414.jpg

e0109011_08584076.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-02-20 20:11 | R/C 小型電動飛行機 News
2016年 02月 20日

HobbyKing さんで瞬殺だったマイクロFPVカメラがやっと届いた。^o^;;

掲載した2日後には在庫なしとなっていたが今は在庫が有る様。

注文した直後に「春節」、HK Postで一週間ほどほって置かれて先日やっと到着。^o^;;
電波暗室(地下車庫)で絵を見てみるとなかなか綺麗。
免許を取り軽量機に乗せてまったり遊覧飛行、楽しそう。v^o^
e0109011_10135987.jpg
箱が分厚い紙でスポンジ型抜き緩衝材入、気合が入っている。
e0109011_10141936.jpg
実測 4.72g ケーブルが長すぎる。
e0109011_10143319.jpg
他に二股延長ケーブルが付属ナインイーグルの罠(+/ーが逆)にはまらないよう注意喚起されている。^o^;;
e0109011_10213200.jpg
2/22 追記
そう言えばAirCraftさんで手頃なFPVモニターを販売している。
仕様:
画面サイズ: 4.3 インチ
画面タイプ: TFT LCD スクリーン/長寿命
解像度: 480x272 ピクセル
アスペクト比: 16:9
輝度: 500cd/m2
ビデオフォーマット: NTSC
入力信号: AV
動作電圧: 5V
電力消費: 500mA
動作時OSD表示: バッテリー表示, チャンネル不活性
充電可能内蔵バッテリー: 2200mAH
動作時間: 2 時間
寸法: 122.7*80*14.5mm
感度: -90dBm
周波数レンジ: 5645MHz - 5945MHz
チャンネル: 32 チャンネル (Raceband含む)
ワン-キー-サーチ 周波数: ボタン操作
オーディオ: 6.0MHz - 6.5MHz
e0109011_19364675.jpg
冒険者にはこんなのもある。^o^;;
59.99)同じ物か白いけど。
Description:

Display screen:
Brand: FX
Screen size: 4.3 inch
Screen type: TFT LCD screen/long life
Resolution: 480x272 pixels
Aspect ratio: 16:9
Brightness: 500cd/m2
Video format: NTSC
Input signal: AV
Working voltage: 5V
Power consumption: 500mA
Work status OSD display: Battery indication; Channel indication
Built-in rechargeable battery: 2200mAh
Working time: 2 hours
Dimension: 122.7mmx80mmx14.5mm

5.8GHz receiver:
Sensitivity: -90dBm
Frequency range: 5645MHz-5945MHz
Channel: 32 channels
One-key-search frequency: Yes, button control instead of switch
Audio: 6.0MHz 6.5MHz
Description:
Item name: 32CH FPV Glasses Goggle
Monitor size: 4.3 inch
Resolution: 800*480P
System: support PAL/NTSC camera
Power supply: 7~13V
Channel: 32CH
Battery: 7.4V 450mAh battery
Material of the USB fan: PVC
Fan power supply: 5-8V
Thin lens ratio: 3X
Working time: 20~25 mintues
Goggle size: 156*89*100mm
Weight: 230g
4.3" field monitor
Mushroom antenna
32CH AV receiver
e0109011_19442428.png

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-02-20 19:50 | R/C 小型電動飛行機 News | Comments(0)
2016年 02月 18日

HobbyKing さんで.

なんでも有りで喋って歌う送信機がこの値段はお買い得だと思う。^o^;;

9XR Pro Added Features:
• ARM version of er9x radio firmware with EESKYPE simulater GUI support
• 24 channel support
• 48 free mixes
• Expo, Triple rates, Curves settings
• Voice alerts
• Telemetry display
• Atmel SAM3S ARM Cortex M3 , 32 bit Micro-controller , 512K flash , 64Kb of SRAM
• 4Mb EEprom for 30+ model storage
• Micro SD card (Included)
• Mini USB port, for access to SD card files and radio programing
• 1/2 Watt Audio Amplifier with digital control.
• Pre wired for compatible RF telemetry modules.
• RS232 Serial Port for External telemetry connection through Futaba trainer jack. (for DHT ,DXT)
• Logic level Serial Port for external Blue Tooth modules (HC-06,RN42)
• Dimable LED Back light
• Haptic Buzzer (pager vibrator) for trim center alert and alarm notifications
• Real "Tact" switches on menu keys, give positive feedback indication
• Built in bootloader. (Firmware can be updated in less than 15 seconds!)
• Full built-in Telemetry support for the latest RF modules. New DSM modules coming soon.
• Speaker and headphone outputs
• Ball Bearing gimbals
• Digital Trims
• Assignable Switches
• Freely Assignable Channel Mixes
• Graphical Dual Rate, Sub trims, travel adjust and Exponential
• Supports Heli/Aero/Glider and custom Model Types
• Programming templates based on model type
• Supports M1, M2, M3, M4 stick modes
• 128 x 64 backlit Liquid Crystal Display
• Built in JR & Futaba Trainer Ports
• JR Form Factor RF Modules (ORX Dsm2, ORX Open LRS 433Mhz etc)
• Programmable warnings
• 1.5Amp, 5V main switching regulator, with wide input voltage (6.5 - 30V) (uses 3S lipo connection same as 9XR)
• Rotary encoder with push switch port (rotary encoder not included - user upgrade)
• Support for 6-way switch and more 3 way switches. (User upgrade)
• And so much more!!
e0109011_18200159.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-02-18 20:13 | R/C 小型電動飛行機 News
2016年 02月 15日

面白そうなもの見っけ。^o^;;

ウェアラブルHDMIモニター(19,800 円(税込)
パソコンやゲーム機、iPhoneやスマホなどに繋げて、フルHD対応の寝ながら見れるディスプレイゴーグル。
仮想ディスプレイサイズは、80インチスクリーンを3メートル離れて見ている状況を想定。
1080p/1080iフルHD入力対応で、目の前に広がる大画面を体験できます。と有る。
e0109011_21272573.jpg
別に寝て観ないと思うが、^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-02-15 21:28 | その他
2016年 02月 15日

Hermit 145 FPV Quadcopter 組み立て。

「200g 以下のFPV機を作ろう」なんて記事を先に上げる予定だったのだが追加部品が「春節」に巻き込まれHKPostで10日以上宙ぶらりんとなって未だ届かず。^o^;;

という話は置いといて組み立てにかかる。^o^
OverSkyさんのHermit 145のページを参考にした、あとはHobbyKingさんのHermit 145ページ写真がかなりのヒントをくれる。

まずアームにモーターを取り付ける。
モーターはケーブル配置で時計回りと反時計回りが判別出来る。
アームはケーブルの長い方が後方、基盤サイズは同じ。
e0109011_15332772.jpg
M1.2x3で取り付けるが小さいので最初の一個が大変。
ヒシチューブで保護するようになっているが回転方向を確認してからとする。
ネジはステップごとに袋に入っている、管理人は袋から出し百均のプラケースに分類。
e0109011_15502736.jpg
ロアプレートにモーターアームをM2で取り付ける、HKの写真を見ると同時にメカプレートを組むようだ。
メカプレートは二枚あってどちらが前かわからないので勘で決めた、前はモーターアーム直上に後ろはM2ネジ袋に入っているプラスペーサーを挟んで止める。
M2ナイロンナットを使用しているのでボックスレンチが必要。
e0109011_19510840.jpg
モーターの回転方向を確認するためコントローラーに電源ケーブルと電源基盤を半田付け。
受信機は基盤上のバインドボタンを押しながら電源を入れるとバインドモードとなる。
e0109011_16001435.jpg
受信機とESCをつなぎテスト、ロアプレーだけカーボンのようだが念のためショート防止の紙を挟む。
e0109011_19512940.jpg
続く。2/21 追記
CleanFlightでESCのキャリブレーションを行い受信機を付属のスポンジテープで貼り付けスタッドを立てる。
e0109011_11202609.jpg
電源ボードに配線しアッパーボードをネジ止め。
手前にある変な形の部品がどこに付くのかわからなかったのだがやっと判明、FPVアンテナのマウントだった。
e0109011_11241703.jpg
ちょっと解りづらいがこの様にアンテナを挟む。
e0109011_11255154.jpg
完成重量92g、で 飛ばしてみたのだが不安定きわまりなく30Cm位の所でひっくり返る。^o^;;
e0109011_11262801.jpg
Diatone ET 150の時に行った様にPID Controllerを変更してみても変わらずひっくり返る。
困った、プロペラを外しバランスを見ると4本とも大幅に狂っている。
そこで数日前に入手したHobbyking 3x2のシャフト穴を開け直し飛ばしてみるとうまく飛行し完成となった。¥^o^
e0109011_11480036.jpg
HK 3x2 は1.2mmシャフトなのでまず1.4mmのドリルを通し(手動でゆっくり)その後tokoさんのプロペラリーマーで少しさらい万力で圧入した(モーターシャフトは1.5mm)
ちなみにHK 3x2プロペラは左回転・右回転が別売りなので注意。

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-02-15 20:24 | R/C 小型電動飛行機 News | Comments(0)
2016年 02月 14日

Air Craft さんでHORIZON HOBBY モデル期間限定セール!

Horizon Hobbyモデルの一週間期間限定セールです!対象商品はこちらの商品となります。
抜群の安定感を誇るHorizonモデルをお手頃価格で手に入れるチャンスです!!セール期間は2月21日(日曜日)までです。と有る。
e0109011_17571238.jpg


e0109011_08584076.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-02-14 17:16 | R/C 小型電動飛行機 News
2016年 02月 14日

BLADE Nano CP S と DX6i のバインディングはちょっと違う。^o^

マニュアルに有る送信機設定をDX6iに行い今まで通り受信機にバッテリーを取り付けバインドLEDが点滅してからにDX6iのバインドSWを入れながら電源投入。しばらく待ってバインドSWを外すと数秒で受信時側のLEDが点灯しバインド完了、ここまでは良い。
でもスロットルをあげてもピッチは上がるがモーターが回らず、さらにエルロン・エレベーターも動作しないこまった。
ただTaranisu+nanoCPS.eeps+オレンジモジュールではバインド後何の問題もなく飛行する。
e0109011_09153744.jpg
小一時間悩んだ後に仕方なくマニュアルを見直すと(管理人はマニュアル読ま無い筋金入りのマックユーザー ^o^;;)変なことが書いてある。
曰く受信機にバッテリーを付けLEDが点滅するのを待つ、ここは同じ。
送信機バインドSWを入れながら電源を入れ2〜3秒後にバインドSWを離しその後ラダースッティックを右へいっぱいに振り受信機のLEDが点灯するのを待つ。
受信機のLEDが点灯したらスッティックを戻し受信機と送信機の電源を落とす。

で行って見たら上手く行きました、お〜飛ぶ飛ぶ。v^o^
飛行はマイルドですごく飛ばしやすい、BLADE Nano CP Sオススメです。

いや〜米国と同じような値段で国内で手に入るなんて素晴らしい、Aircraftさんに感謝。-o-
ついでに、派手に墜落させたりフレームを交換などを行った時のキャブリレーション方がここにある。

追記
UPSで発送されたのだが不思議な経路を通って到着した(香港>韓国、仁川>中国、深圳>成田)、最終的にはクロネコが持ってきた。^o^;;
e0109011_12463932.jpg
面倒なことに組み立てマニュアルが無いので写真を探して類推し組み立てるしか無いようだ、何処に使うか不明な部品も。
まあパズルみたいで楽しめそうであるが。v^o^

[PR]

by kanamonoya01 | 2016-02-14 13:21 | R/C 小型電動飛行機 News | Comments(0)