R/C 小型電動飛行機 News

mercnews.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 30日

Mini FPV OSD 付き機体の紆余曲折 七転八倒記。^o^;;

以前作ったこれ覚えていますか、あ〜っと紹介して無かったかも。^o^;;

構成
モーター:4X Racerstar 8520
FPV:Eachine VTX01と転がっていたカメラ
e0109011_12374592.jpg
e0109011_11320377.jpg
格好いいVテールフレームで出来たと思ったのもつかの間まともに飛ばず、ネズミ花火みたいにクルクル回ってしまい操縦もへったくれも有りません。
多分モーターに不都合が有るのだろう(ペラを叩き込みました)と左前を中心に廻っていたので交換してみたが改善しません、モーターは1セット取り寄せてました。
全部交換すば良いのに2個で面倒になり次はFCと受信機を注文、受信機も一体型の方はDEVO7eで上手くバインド出来なかった事も有り別々に用意。
RX:OrangeRx R614XN これ気に入っています。v^o^
e0109011_12392345.jpg
受信機も詰め込んだので中は大混乱。^o^;;
e0109011_12393661.jpg
でもね少なくは成ったがやはりクルクル。それとARMするといきなりモーターが回り出してビックリMinimam Thottleが1170になっていたのを1070に戻し解決。

そこで取り外したFCでテスト機を組んで飛ばすと無問題。

再度OSD機体を飛ばそうとすると反応無し、え〜と成ってBateFlightに繋ぐと受信機欄のプログレスバー部分が真っ白。
こんなの始めてみました受信機が無くてもバーは出ていたのになんで?
仕方が無くファームのアップデートを行う事にBetaFlight/OMNIBUS 3.0.1なのでdumpコマンドで設定をコピーしOMNIBUS 3.2.3にアップデートし設定を再度流し込んでsave。
試してみるとARMが出来ないそう言えば3.0と3.2の設定は互換性が無いと聞いた様な。
再度3.2.3を書込手動で設定するとARM出来る様に、バッテリーを繋ぎテスト飛行、スロットルを上げるとちゃんとモーターが回りだししめしめとスロットルを上げたらいきなりフルスロットルでクルクル回りながら天井に激突。
検証してみるとスロットルをある程度以上上げるとフルスロットルとなる模様、超小型機はこういうとき便利だね手に持ってテスト出来る。
そこでファームを3.1の最終版3.1.7に戻し試すと解決どうやら3.2には対応していない模様。
再度飛行テスト、だめだクルクルは止まらない。
仕方が無いのでモーター1個ずつテストしながら交換、面倒臭いモーターのコードが硬くバネの様で取り回しが面倒。
でぇ、4個全部交換してもクルクルは変わらず、精も根も尽き果て暫く放置。

放置している間に寝ながら色々考えた、ひょっとしたらフレームが悪いんじゃね〜と思い当たりました。

そこでV字型のモーターマウントを解体し脚の部分をカット、良さげな穴が開いていたので2x5のビスでフレームに固定し飛ばしてみるとなんと問題無く飛ぶ様にモーターはテスト用に仮組みしたまま。

再度オリジナルのモーターに戻しテスト、無問題やっと飛ぶ様なった。後はリヤーアームを接着しFPVとブザーを取付てLEDストリップの設定をすれば完成です、いや〜疲れた〜。^o^;;
約半年あ〜だこ〜だやってました。
e0109011_16212694.jpg
配線を済ませ出来上がり。
e0109011_19240878.jpg
設定はここを参考に。


LED設定は以前使い気に入ったこれ、標準で設定されている物はもっさりして気に入らなかった。
# led
led 0 0,7::IC:3
led 1 15,7::IAT:12
led 2 7,7::IAT:12
led 3 8,7::IC:3
led 4 0,0::C:0
led 5 0,0::C:0
led 6 0,0::C:0
led 7 0,0::C:0
led 8 0,0::C:0
led 9 0,0::C:0
led 10 0,0::C:0
led 11 0,0::C:0
led 12 0,0::C:0
led 13 0,0::C:0
led 14 0,0::C:0
led 15 0,0::C:0
led 16 0,0::C:0
led 17 0,0::C:0
led 18 0,0::C:0
led 19 0,0::C:0
led 20 0,0::C:0
led 21 0,0::C:0
led 22 0,0::C:0
led 23 0,0::C:0
led 24 0,0::C:0
led 25 0,0::C:0
led 26 0,0::C:0
led 27 0,0::C:0
led 28 0,0::C:0
led 29 0,0::C:0
led 30 0,0::C:0
led 31 0,0::C:0


# color
color 0 0,0,0
color 1 0,255,255
color 2 0,0,255
color 3 30,0,255
color 4 60,0,255
color 5 90,0,255
color 6 120,0,255
color 7 150,0,255
color 8 180,0,255
color 9 210,0,255
color 10 240,0,255
color 11 270,0,255
color 12 300,0,255
color 13 330,0,255
color 14 0,0,0
color 15 0,0,0


# mode_color
mode_color 0 0 1
mode_color 0 1 11
mode_color 0 2 2
mode_color 0 3 13
mode_color 0 4 10
mode_color 0 5 3
mode_color 1 0 5
mode_color 1 1 11
mode_color 1 2 3
mode_color 1 3 13
mode_color 1 4 10
mode_color 1 5 3
mode_color 2 0 10
mode_color 2 1 11
mode_color 2 2 4
mode_color 2 3 13
mode_color 2 4 10
mode_color 2 5 3
mode_color 3 0 8
mode_color 3 1 11
mode_color 3 2 4
mode_color 3 3 13
mode_color 3 4 10
mode_color 3 5 3
mode_color 4 0 7
mode_color 4 1 11
mode_color 4 2 3
mode_color 4 3 13
mode_color 4 4 10
mode_color 4 5 3
mode_color 5 0 9
mode_color 5 1 11
mode_color 5 2 2
mode_color 5 3 13
mode_color 5 4 10
mode_color 5 5 3
mode_color 6 0 6
mode_color 6 1 10
mode_color 6 2 1
mode_color 6 3 0
mode_color 6 4 0
mode_color 6 5 2
mode_color 6 6 3
mode_color 6 7 6

ウインカーになっていたりバックモードやスロットルで色が変わります。
フルカラー4個一列なら使えるので良ければ使ってみてね。

余談
時間がかかったのにはもう一つ理由が有ります、ハンダ付けが大変で面倒臭い。^o^;;
モーター8箇所、FPV4箇所、ブザー2箇所、受信機3箇所、合計17箇所もチマチマ付け直さないといけ無いオマケに相手は1mmピッチで簡単ブリッジします。
さらに目はよく見えないしおまけに手は震えるでなかなか踏ん切りが付かないのです。^o^;;

じゃあ辞めろよと言われそうですがいざ作業始めるとめっちゃ楽しい、エヘヘ。(*^^*)

参考
上はEachine AIOF3、中は参考のEachine 32bits F4 2セル対応、でOranger RX614xn。
ハンダゴテはホーザン H-130の壊れたのをもらって来てヒーター交換、小物用に使ってますセラミックなので直ぐ温度が上がり便利。
e0109011_09052407.jpg
ついでに
ハンダは日本アルミットKR-19RMA0.8mm 100g)を使っています、お気に入り。v^o^

[PR]

by kanamonoya01 | 2017-12-30 14:29 | 製作/レポート 等 | Comments(0)


<< Jumper T8SG の U...      Fat Shark 101 -... >>