R/C 小型電動飛行機 News

mercnews.exblog.jp
ブログトップ

2018年 08月 31日 ( 1 )


2018年 08月 31日

管理人風 流星号(仮称)/タイニーホバー作り。^o^;;

用意する物、皆大好きダイソーで方眼紙とハッポーの板(12x425x302)入手。
いや〜方眼紙なんて買うの数十年ぶり。^o^;;
e0109011_20340694.jpg
次にとしちゃんの「How to make Tinyhover. 小さいホバークラフトの作り方」を目を皿の様にし見ながら図面を模写。
e0109011_20412905.jpg
管理人の適当な図面だが雰囲気は判ると思う。^o^;;

注意点は発砲スチロールの厚み、としちゃんは上部は20mmスカート部分が15mmらしいがダイソーの板は12mmなので上部は2枚重ねスカート部は1枚の全高36mmで作ろうと思う。
カットしないと判らないが上部1枚でスカート部2枚が良いかも、あ〜でもそうすると後ろが開いてしまうので真ん中の奴の後ろをふさぐか悩む。^o^

9/01 追記
型とハッポー切り出し。
ハッポーは10x12Cm これはカッターで。
e0109011_17302450.jpg
型の円はオルファのコンパスカッター(便利)、方眼紙の方を回すと楽。
胴体横は図面そのままで、カット時に考える。^o^;;
e0109011_17321977.jpg
9/02 追記
ハッポーを切り出し。
e0109011_21331743.jpg
3組ほどフレームを組んでみた。
e0109011_21340120.jpg
裏側、左2個は3枚重ね。
e0109011_21344528.jpg
さ〜てと、後はどうすべぇ〜。^o^;;

9/03 追記
取りあえずでっち上げてみた、としちゃんが翼型と言っていたのでそのまんま。^o^;;
少し走らせてみた、これごく初期の奴なのでモーターが逆接しないといけ無かったりバインドが凄くしずらかったりとか結構問題児。
距離が足りないのか飛行までには至らない。
ただ手投げすると暖行下しながらまっすぐ飛んで行く、でもその後が大変でぶつかった後あれが取れたりペラが飛んでいったり。^o^;;
重量はバッテリー抜きで 16.16g。
e0109011_19233604.jpg

おまけ
e0109011_21410182.jpg
昼に郵便局到着と有るが明日配達なんて言っているので取りに行ってしまいました。^o^;;

9/04 追記
管理人のE010はごく初期のモデルなので一寸怪しい、でバンジーに注文しようと思ったのだがアマゾンでもたいした変わらない値段で売っていたのどポチッと。^o^;;

続く

[PR]

by kanamonoya01 | 2018-08-31 20:58 | 製作/レポート 等 | Comments(4)