R/C 小型電動飛行機 News

mercnews.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 24日

ロビンさんのハイボルテージ 1S リポ。

遅ればせながらロビンさんより頂いたGNB HV 80-160C放電 3.8V450mのテストを行いました、遅くなり申し訳ない。^o^::
テストに使用する機体はTiYN 6で純正のリポとの比較、純正も80c/160cと放電能力は同じ。
e0109011_18470017.jpg
で まずは通常の充電器で充電し比較、まぁお察しのように差は感じられない。

特徴であるハイボルテージ時の性能を試すためiSDT Q6 Lite充電器(これ単セルも充電できる)で充電。
ご覧の様に変換てんこ盛りXT60>XT30>JST-PH>Molex。
e0109011_18510288.jpg
おぅパンチが違う純正の倍は行かないが3割増し位、あっという間に天井にぶち当たる。^o^;;
ハイボルテージ用充電器を用意しなければいけないが価値はあると思う。¥^o^

ロビンさん良い物を有り難うございました。-o-

余談
飛行後コネクタを触ると熱くなっている、Molex 2mm/JST-PHいずれも流せるのは2A位もっと流せるコネクタに変えるとさらに性能を絞り出せるるかも。
あ〜でもESCとかモーターとかも絡んでくるから・・・。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2018-04-24 20:41 | R/C 小型電動飛行機 News | Comments(0)
2018年 04月 20日

Jumper T8SG V2 PLUS 到着。^o^;;

結構速かった。v^o^

出来が良いです無印T8SGは安っぽさが否めなかったのですがV2+はもった感じカチッとしています、スッティックも良い感じ。
外寸は高さがちょこっと増して持つと厚みはかなり薄く感じられます。

でモード1へ変更。
e0109011_19215106.jpg
分解で苦労したのはこいつら。
e0109011_19222528.jpg
ネジを全部外したのに上の方でひっかっかって開かない、やっと判ったのは肩の2PSWの飾り板が筐体前後に渡りラッチで止まっている。
後ろ筐体を起こしPC分解工具(右にある奴)を突っ込んで一寸こじるとパカッと外れる、ドライバーでやると傷が付くからね。
こんな感じの所にはまっている。
e0109011_19271802.jpg
次はスッティックの組み替え、残念ながら板入替とテンショナー調節だけとは成らず。
e0109011_19281653.jpg
先ず板を外し次にテンショナーを緩めテンショナーからスプリングを外す、先のとがったピンセットがあると容易。
次にセンター出し板をスプリンごと可動軸方向へ抜く、回すようにね。
後は同じように組み込めばOK、板はネジが上下逆に付く。
一つ問題なのが左側のサムホイールがテンショナーに引っかかるのでテンショナーの角をけずる。
e0109011_19371419.jpg
余談
バッテリードアのヒンジピン強度がちょこっと心配。
画面は室内だとクッキリなのですが太陽光では視認性が極端に落ちるらしい、直射日光だと全く見えない。
カラーバリエーションが出ると良いな、一寸目立ちすぎ。
音声モジュールがオプションで出る様です楽しみ。

4/22 追記
特徴である送信モジュールにはDIY BOXと書かれた空箱が付いている。
右側にあるのは今は無きホビキンのSuperMicroモジュール管理人はこれが使いたかった、これの受信機が未だ有るのよね〜。^o^;;
e0109011_11273501.jpg
DIY BOXの中、いかにも何か入りそうなのだが?
e0109011_11313350.jpg
SuperMicroモジュールはなぜか格闘中。

余談
サウンドモジュ−ルは汎用品らしい(DFPlay)アマゾンに286円で有ったのでポチッと。

4/22 さらに追記
SuperMicroモジュール挙動がおかしい取り付けるとモード2になったり、モジュールの電源が入らなくなったり、Taranisでは問題無く動く。
T8SGV2のモジュール端子の電源電圧を測ると4.5Vしか出ていない、Taranisは6.7V。

で散髪してもらいながらつらつらと考えた、そう言えば電池ボックスが付いていたので何も考えずエネループ使ってました、多分これ(電圧不足)。ニッケル水素4本で定格4.8V、リポだと2セルで定格7.2V、2.4Vも差がある。

送信機用の2セルを充電し試すとモジュール電源も入りバインドも出来た。v^o^

教訓、Jumper T8SG V2 で外付けモジュールを使用する時は2セルリポ使用厳守。

4/23 追記
SuperMicroモジュールを付けるとチャンネルアサインが変わってしまうと調べていたらSuperMicroモジュールでは無くdeviation側の仕様だった。
外付けモジュールを使用するためにはプロトコルをPPMにする必要が有る、PPMに変更すると自動的にEATRと成る。
今まで気づかなかったがプロトコルを変更するとプロトコルに合わせたチャンネルアサインが選択される仕様、良く出来ているまぁそれで気づくのが遅れたのだが。^o^;;

SuperMicroモジュールのキーアサインはTAERなのでサーボ組込みのブリックでは動作がおかしくなる、送信機側でキーアサインを変更すれば問題無く使えるのだが一寸問題が。

電源投入時に毎回スロットルが最スローになっていないエラーが出るどうも他の部分でエレベーターをスロットルと認識している模様、画面にスロットル値が表示されるのだが此処もエレベーター値が表示される。 Main Page Confug で変更出来た。
そのうち治ると思うが。^o^

SuperMicroの受信機で作った機体をT8SG V2に設定しようと思う、今まではデカくて重いフタバ Super 9 FF-9だった。^o^

4/26 追記

MP3プレイヤーは当たり、後はスピーカーだな。
確かタラから外した奴が何処かに。^o^;;

[PR]

by kanamonoya01 | 2018-04-20 21:33 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2018年 04月 17日

零戦のバルサキット。^o^

いつものバンジーで零戦のバルサキットをみっけ。

e0109011_21060186.jpg
ついでにこんなのも。
RC Mini Submarine Kit バラストタンクが有る様、ロマン。^o^;;
e0109011_21084458.jpg

[PR]

by kanamonoya01 | 2018-04-17 21:11 | R/C 小型電動飛行機 News | Comments(0)
2018年 04月 15日

これを見ていたらストックして有るバルサキット作りたくなった。^o^;;


[PR]

by kanamonoya01 | 2018-04-15 17:55 | R/C 小型電動飛行機 News | Comments(0)
2018年 04月 15日

ロビンさんに注文したターボビーバー用のバッテリー到着。^o^

今回はこれを選んだ、YGS 30-60C放電 7.4V600mAh 他に瞬間も、ターボビーバー制作時に低粘度の瞬間があっという間に無くなったのにはビックリ。
ロビンさんの迅速な対応は地方在住の管理人にとっては非常に有難い。^o^
e0109011_11132710.jpg
ロビンさんのご厚意でGNB HV 80-160C放電 3.8V450mAh Mを試用させて頂ける事になりました、何と2本も。ロビンさん有り難うございます。-o-
このリポは強烈なパワーでXK K110が別物の飛行をするとの事、ただ管理人はヘリであんな事やこんな事は出来ないのでマルチローターで試す予定。^o^;;

で 右下にある奴はTiNY 7に付属のリポなのですが配色が違うだけでそっくしでビックリ、ただハイボルテージでは無いのです。^o^;;

これからコネクタ変更します600mAにはXT30、150mAはJST PHかな。

[PR]

by kanamonoya01 | 2018-04-15 15:29 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2018年 04月 15日

実はCRACK Pitts Miniも組み立てていました。

同じメーカーなので組立手順とかお作法とか忘れないうちに組立、勢いって大事。
管理人の腕ではまともに飛ばせないと思いBigaole 3G-A 3軸 ジャイロ組み込みます、設定が決まればホバリングも手放しで出来る様です。^o^;;
e0109011_11360184.jpg
余談
Castle Creations Fhoenix-10が使う予定のモーターに対応しない事にショックですコイルが沢山有る奴は駄目みたい、でCastle Creations THUNDERBIRD-9に変更。
そうだCastle Linkが有ったはずなのでファームのアップデートして見よう。

[PR]

by kanamonoya01 | 2018-04-15 13:25 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2018年 04月 14日

KingKong/LDARC ET100/110/125 タートルモードへのセッテョング 防備録

KingKong/LDARC ET100はソフトの変更だけで亀吉復帰モード(ひっくり返った時にモーター2個だけ回し元に戻る)を追加出来るらしい、アーダコーダ試行錯誤を繰り返し何とか出来る様に。
理解している人の説明は理解している故に細かい所が抜けている事が多い、其の細かい事が重要だったりするよね。^o^;;

まずBeteFlightでファームを3.3にアップデートする、ただデフォルトで搭載されているPICOBLXは3.1.7が最終みたい。そこでFF-PICOBLXを選択し3.3.1(この記事の時点で最新)にアップデート。
注意)アップデート前に元に戻せる様CLIでdunpを取り保存しておく事。

次にESCをアップデートしなければいけないのだが、昔見たのはUSBシリアル変換を挟んでESCを1個ずつアップデートするやつだったので4in1のESCをどの様にするのか皆目見当が付かなかった、が 何のことは無いFCのUSB経由で簡単に出来るし。

Google ChromeのアプリBLHELLを探しインストールし立ち上げUSBで繋ぎConnectその後Reed Setupこの時バッテリーを繋いでおく必要が有る、アクシデントを避けるためにペラは外す。
Flash All を選択ESCは変更せずVersionは16.67RC(blheli-moultishot)を選択しFlash、画面が戻って1個ずつアップデートされて行くので見ているだけで終わったら外す。

1/17 追記
BateFLight での設定(重要な点だけ)
Configuration・ESC/Moter Features
Esc/Moter Protcol は DSHOT600を選択、MOTOR_STOPはどちらでも良いアームするとMotor Idle Throttle Valueの値でモーターが回転する。

ConfigurationOther Features
ANTI_GRAVITYとDYNAMIC_FILTERをONに。

FCが受信機を認識し無い(管理人はDSM2/X)。
CLIからset serialrx_inverted = OFFと入力しsaveで認識する様に。
FrSky受信機も同じらしい。

Mode
ARM を設定する、ただ通常はSWを入れると黄色になるがこの設定では黄色とならない。 他はお好みで。

PID Tuning
値がおかしいのでオリジナルの値をコピーする、もしくはお好みで。

)なぜ動くのか等理屈は管理人に判ら無い、いじってたら動いた程度でご覧下さい。^o^;;

今飛ばしてみたら何かおかしい、飛行中にモーターが止まる、う〜・・・。

余談
FC調整/アップデートに欠かせないマイクロUSBケーブル、ロックが付いていて差し込む時や引き抜く時に力が必要で機体を壊しそうになります。
管理人はマイクロUSBのロック部分をヤスリで削り落とします、抜き差しが楽になるのでお勧めです。v^o^
あとFCへは百均のデータ通信出来る短いやつで繋ぎUSB延長で抜き差しします、マイクロUSBは刺しづらくてイライラするからね。

[PR]

by kanamonoya01 | 2018-04-14 19:01 | 製作/レポート 等 | Comments(0)
2018年 04月 11日

AirCraft さんへ注文時の注意点。^o^

リニューアルしたAirCraftさんへ注文時の注意点。

カートに品物を入れる時に発送元を選択する「国内・香港・中国」事。
注意点は国内でカートに品物を入れたままログアウトし暫く後にログインすると発送元が変更される事が有る。気づかないと香港からの発送しか選択しに無く焦る。

ページを切り替えるたびに位置情報確認をしてくるのはログインすると回避出来る。

管理人が購入しようとした時は配送情報で「続ける」をクリックするとエラーが出て先へ進む事が出来なかった、指摘したので改善されると思う。管理人だけの症状だったら辛い。^o^;;

諦めてPayPalで購入しようとするも発送先住所氏名が文字化けしている、これでは安心して注文出来ない、これも管理人だけだったりして・・・。

ターボ・ビーバー用のバッテリーを購入しようとしたのだが諦めポ。

そう言えば表示速度が少し速くなった、未だ未だだけど。

[PR]

by kanamonoya01 | 2018-04-11 20:41 | R/C 小型電動飛行機 News | Comments(0)
2018年 04月 10日

Jumper T8SG V2.0 Plus 入荷案内。^o^

バンジーから入荷案内が有ったので覗きに行くと案の定Mode2しか無かった。^o^;;
以前キャンセルしたiRangeX iRX-IR8Mも初めMode2のみの入荷、まあおかげでキャンセル出来たのだが。
e0109011_11034967.jpg
Mode1に変更出来る様なのでポチッと。^o^;;

余談
iRangeX iRX-IR8Mがいつの間にかV2になっていてビックリ。

[PR]

by kanamonoya01 | 2018-04-10 20:13 | R/C 小型電動飛行機 News | Comments(0)
2018年 04月 08日

Crack TURBO Beaver 完成。¥^o^

EPP製の機体はこの様にして保管します、下手に置くと変形するからね。
カーテンレールと百均のSカンを使いモビロンバンドでぶら下げています、超小型機にもおすすめです。
e0109011_21180301.jpg
マニュアルのまま作ると受信機やESCがはめ殺しになるのでロビンさんはでは主翼をゴム止にする懐かしい方法を紹介していました、EPPの発砲率が高そうで強度不足と判断し瞬着での固定。
ESCは下側に付けたが受信機は主翼下に何かあったら切開しないといけ無い、バインドコネクタだけは延長して有ります。
マニュアルにはサーボを瞬間で止めると有ったが流石にそれは出来ずスーパーXで接着、何とか剥がせるので。

もう少し暖かくなったら飛ばしに行きます。^o^


[PR]

by kanamonoya01 | 2018-04-08 21:32 | 製作/レポート 等 | Comments(0)